Archive for the ‘NEWS’ Category

【満員御礼】三村漢ゼミ【写真集を作ろうクラス】募集開始(水・土)

月曜日, 2月 27th, 2017

復活希望の声を沢山いただきありがとうございました。

全6回で「写真集を作ろう」クラス募集開始しました。
(日本写真学院でほぼ満席でやらせていただいたアレです。)
 
【満席御礼】−写真集を作ろう– Aクラス19:00~21:00
1回目 2017年4月12日(水) 
2回目 2017年4月26日(水)
3回目 2017年5月10日(水)
4回目 2017年5月24日(水)
5回目 2017年6月7日(水)
6回目 2017年6月28日(水)

【満席御礼】−写真集を作ろう– Bクラス16:00~18:00
1回目 2017年5月6日(土)
2回目 2017年5月27日(土)
3回目 2017年6月10日(土)
4回目 2017年6月24日(土)
5回目 2017年7月8日(土)
6回目 2017年8月5日(土)

作りたい写真集/ポートフォリオがあれば、
PC&アプリケーション完全完備ですので、
手ぶらで1冊から何冊でも作れます。(オフセット・オンデマンドお選びいただけます)
 
作品セレクト・足りないところ・構成・Adobeソフトの使い方・魅せ方まで。
 
Indesignやイラストレーターが初心者の方がほとんどです。
前後の時間やFacebook等を使って、時間外も個人フォローいたします。
 
上限6名ずつなので、早い者勝ちでどうぞよろしくお願いします。
場所は市ヶ谷から徒歩10分。アクセスも良しです。
※申し訳ありませんが、今後継続するかは現状わかりません。


【2016/01−2017/02までの写真集の仕事】

月曜日, 2月 27th, 2017

2017御苗場に登壇する際に2016年以降の写真集の仕事をまとめてみました。

左上から
「LUMIX GX7markⅡプレミアムPHOTOBOOK」
ハービー山口x相原正明x HARUKI Panasonic 2016/04
「Solitude NYC」熊切大輔2016/09
「2017RICOHカレンダー」 中西敏貴 リコー株式会社 2017/01
「ORDINARY」中西敏貴 風景写真出版 2016/01
「ヒマラヤに捧ぐ」野口健 集英社 2016/02
「築地ラビリンス」土屋勝義・新納翔 ふげん社 2016/12
「NewZealand」秦達夫 キヤノンxオノウエ印刷 2017/02
「のはら」林幸恵 風景写真出版 2016/08
「キッチュ a GO!! GO!! 浪花♡編」若子jet リベロアルテ 2016/07
「アルプス星夜」菊池哲男 山と溪谷社 2016/08 
「NewType」清水哲朗 日本カメラ社 2016/01
「沖縄・八重山諸島」深澤武 青菁社 2016/01
「Design」中西敏貴 キヤノン株式会社 2017/02
「シマエナガちゃん」小原玲 講談社 2016/11
「47 サトタビ」佐藤尚 風景写真出版 2017/02
「Don Det」小澤太一 2016/09
「東寺の四季」山田久美夫  Panasonic 2016/11
「京都 花鳥風月」水野克比古・水野秀比古 日本写真企画 2016/03
「21」写真家:藤里一郎 女優:鎌滝えり 2016/04
「山梨県早川町 日本一小さな町の写真館」鹿野貴司 平凡社 2016/09
「THE SHOW GIRLS」yOU 2017/02

写真家の真横に寄り添って、
友達のようにあーでもないこーでもないいいながら、
内面を汲み取り、思い入れをあるときは捨てて貰い
ストーリーを編み上げるのが僕の仕事です。

お仕事をくださった写真家・関係者の皆様
ありがとうございました。


裏庭の二羽ブログを再開。

月曜日, 2月 6th, 2017


 
忙しさのせいにして、blogから遠くなってたけど、2月から再開させていただきます。
昨年は20冊以上の写真集を作らせていただきました。本当にありがとうございました。
もちろん数ではありません。「残る一冊」を念頭に、一つずつしっかりものづくりに徹していきます。
よろしくお願いします。
三村漢の仕事


井津建郎写真展「インド ― 光のもとへ」アートディレクション

日曜日, 7月 3rd, 2016

india_A4_F_OL4

 
清里フォトアートミュージアムで、
井津建郎写真展「インド ― 光のもとへ」はじまりました。
ロゴからチラシなどの全体デザインと
地図などのパネルデザインなど、
アートディレクションを担当させていただきました。

3ヶ月間のロングラン。
写真に興味があるもそうでない人も一度みていただきたいです。

先日のコニカミノルタで騒然となった井津さんの「ブータン 内なる聖地」は本当に素晴らしい写真展でした。
それを超える内容とボリュームだと自信を持って言い切れます。

夏の山梨に行った際にはぜひ! 
 
100kgのカメラで撮ったプラチナプリントはとんでもないです。ただただとんでもない。

中間調からライト側の階調の出方がとても繊細で、
その表現方法をはじめて拝見したときは一日ぼーっとしてしまいました。
パソコン画面では決して表現できない作品は、「写真」としての意味も説いていると感じました。

ほったらかし温泉とか中村農場寄って、
7月31日のトークショーに行こうかな。

 
<チラシ表>
india_A4_F_OL4
 
<チラシ裏>
india_A4_F_OL4
 
<エントランスパネル>
DSCF5519
 
<地図>
india02map4_OL
 
<パネル>
スクリーンショット 2016-07-02 19.32.15
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
展覧会名:井津建郎「インド ― 光のもとへ」Kenro Izu: Eternal Light
会  期:2016年7月2日(土)~10月10日(月・祝)
休 館 日:6/20(月)~7/1(金)、7,8月は無休、9月以降は毎週火曜日
会  場:清里フォトアートミュージアム
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)

■アーティストによるギャラリー・トーク:「インドー光のもとへ」 
日時:7月31日(日)13:00~15:00
■出演:井津建郎、山岡淳一郎(ノンフィクション作家)
■山岡淳一郎/ 愛媛県生まれ。「人と時代」を共通テーマに政治、近現代史、医療、建築など分野を超えて旺盛に執筆。
時事番組の司会も務める。著書は『後藤新平 日本の羅針盤となった男』『原発と権力』『国民皆保険が危ない』他多数。

芸術新潮広告 2016年7月号>
SINCHO_AD_F_re
 
毎日新聞広告 5段2分の1>
アートボード 1
 
産經新聞朝刊 全15段>
SANKEI_NP_cs5_OL


哲学の木。

日曜日, 3月 20th, 2016

_DSF2896のコピー

風景写真には中毒性がある。
カメラやレンズ、プリントにお金や時間をかければかけるほど、
その中毒性は増すことを自分でも感じる。

ルールや迷惑、ひどい場合は犯罪まで犯して
「自分だけしか」「人が撮れないもの」「評価されたい」なんて、
「写真」に撮らされているだけで、プロが見ればわかるし、
そんなものに一銭の価値もない。
公開したらしたで「自分は犯罪者」って自白しているようなものだ。

なにより、地球が魅せてくれる無限の絶景に対して、
その感謝と敬いを忘れて、「写真」のためだけに
その領域に踏み入れるような中毒患者には、
シャッターを切る資格なんてない。

哲学の木を思い追い続け、その最後を見守った中西敏貴さんが、
美瑛で最初に連れて行ってくださいました。

くわしくは、中西さんのblogで。


野口健さんと「CP+2016」でトークショー!

金曜日, 2月 26th, 2016

12743835_1043381769038674_1019402484684355225_n
 
2016年2月25日。
まさか、一生のうちで、
一度でも登壇することはないだろうとおもっていた
カメラのお祭り「CP+」の富士フイルムブースで、
FUJIFILM SQUARE 企画写真展 「野口 健×藤巻 亮太 100万歩写真展」のスピンオフも兼ねて、
野口健さんとまさかのトークショー!をさせていただきました。

その名も

『Xと旅をする』

【前夜祭】小原玲さんとXマニアとマンゴープリンの会。

【前夜祭】小原玲さんとXマニアとマンゴープリンの会。

CP+開幕。
お仕事をご一緒させていただいた先生方もトークで大忙し。

菊池哲男師匠。

菊池哲男師匠。


小原玲さん。

小原玲さん。


前川貴行さん。

前川貴行さん。


小澤太一ちゃん(39kg)

小澤太一ちゃん(39kg)


清水哲朗さんと中藤毅彦さん。

清水哲朗さんと中藤毅彦さん。


控え室。この緊張感のなさw

控え室。この緊張感のなさw


ユンケル決起会。

ユンケル決起会。


リーゼントで決めてみました。

リーゼントで決めてみました。


あら、やばい。会場超満員。急に緊張っ!

あら、やばい。会場超満員。急に緊張っ!


健さんの軽妙なトークが盛り上げます。

健さんの軽妙なトークが盛り上げます。


健さんに「俺も山やってるんですけど。。」って言っちゃう笑

健さんに「俺も山やってるんですけど。。」って言っちゃう笑


お互いの旅の写真を見ながら赤色の話。

お互いの旅の写真を見ながら赤色の話。


台湾の思い出の話。

台湾の思い出の話。


稲垣徳文さんが聞いてくれたー。 ん?スパイが紛れてる?

稲垣徳文さんが聞いてくれたー。 ん?スパイが紛れてる?


ちゃんと宣伝もした。

ちゃんと宣伝もした。


Panasonicブースには、アートディレクションさせてもらった水野克比古・水野秀比古「京都 花鳥風月」(日本写真企画)も明日お披露目。

Panasonicブースには、アートディレクションさせてもらった水野克比古・水野秀比古「京都 花鳥風月」(日本写真企画)も明日お披露目。


二階の入り口で桜ジュースで斎藤巧一郎さん、小澤太一ちゃんと宴会。30秒に一人、知り合いが通る出会いの場に。

二階の入り口で桜ジュースで斎藤巧一郎さん、小澤太一ちゃんと宴会。30秒に一人、知り合いが通る出会いの場に。


こちらより引用。
菊池哲男お師匠と斎藤巧一郎さんが出会う。

菊池哲男お師匠と斎藤巧一郎さんが出会う。


夜は、富士フイルム懇談会へ。萩原史郎さん達と技術論

夜は、富士フイルム懇談会へ。萩原史郎さん達と技術論

帰りたくない餃子会。小原玲さん、パークさん、田中雅美さん、むらいさちさん達と。

帰りたくない餃子会。小原玲さん、パークさん、田中雅美さん、むらいさちさん達と。


そのあとは、オリンパス軍団に呼び出される。  安田 菜津紀さん、田川 梨絵さん、斎藤 巧一郎さん、若子 ジェットさん、清水 哲朗さんと。おやすみなさい。

そのあとは、オリンパス軍団に呼び出される。
安田 菜津紀さん、田川 梨絵さん、斎藤 巧一郎さん、若子 ジェットさん、清水 哲朗さんと。おやすみなさい。

本当にいい経験をさせていただきました。
紹介仕切れなかったみなさまごめんなさい。

富士フイルムのみなさま、関係者のみなさま、トークを聞きに来てくれたみなさま、本当にどうもありがとうございました。

CP+は28日まで。横浜に散歩がてら遊びに行ってくださいませ。
 
ちなみに、僕が出した旅写真はこれでした〜!
 
DSCF2293 (1)のコピー

DSCF0495

DSCF5193

DSCF7336

DSCF9238

DSCF9490

DSCF9792

DSCF9850

でした。小原玲さんがほめてくれたので、うれしい夜。

 


OLYMPUS グローバルオープンフォトコンテスト2015結果

月曜日, 2月 22nd, 2016

スクリーンショット 2016-02-22 10.46.23

OLYMPUS グローバルオープンフォトコンテスト 2015
の結果が発表されました。
 
世界中から

約12万点

の作品応募をいただきました(びっくり!)

10157215_10208236665054144_6096261904361847517_n
 
日本サイドの、若子ジェット氏、清水哲朗氏と。
 
審査員のみなさまと一枚一枚、吟味した結果・・
 
12494819_1018332324876952_3456418884127986844_n
 

結果は、こちらから。
 
 
 
 
194480
(OLYMPUS グローバルオープンフォトコンテストページより引用)
 
なんと、笑顔部門で選ばせてもらった
タイトル:Love in monsoon
ニックネーム:Suman Ballav
住んでいる国:India

がグランプリとなりました。おめでとうございます!
賞品も豪華っ!!

 
うっかり、僕の批評が載る結果に。
スクリーンショット 2016-02-22 10.48.55

いやはや、恐れ多い。
でも僕はこの写真を見た瞬間、鳥肌が立ちました。
後ろのレインボーおじさんも効いてます!

オリンパスさま、
このような機会をいただき、本当にありがとうございました。


なんと「CP+2016」に出ちゃいます。

日曜日, 2月 14th, 2016

日本最大のカメラの祭典CP+2016の初日、
富士フイルムブースで
野口健さんとトークショーしちゃいます。
よかったら茶化しにきてね。

野口健&三村漢 トークショー
<Xと旅をする>
日時:2月25日(木) 15:10-15:50

▪︎会場=パシフィコ横浜
神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

【CP+2016】藤里一郎さん&山田朱莉さん・野口健さん&三村漢さんXシリーズ スペシャルトークショー開催!http://fujifilm-x.com/cp2016/2016年2月25日(木)~2月28日(日)までパシフィコ横浜に…

Posted by FUJIFILM Xseries Japan on 2016年2月13日


「OLYMPUS グローバルオープンフォトコンテスト 2015」開催!!

火曜日, 10月 13th, 2015

スクリーンショット 2015-10-13 18.13.16
 
OLYMPUS グローバルオープンフォトコンテスト 2015」の
審査員の1人に選んでいただきました。

【作品の応募について】
インターネットからの応募のみとなります。
「作品を応募する」ボタンをクリックして、写真を投稿してください。
※ニックネームはオリンパスの写真コミュニティ「フォトパス」と共通です。
フォトパスが初めての方はフォトパスMypageで
自己紹介の登録(ニックネーム等)をしてからご応募ください。

【応募テーマ】
ライフ部門: 「誕生」
芽生え、赤ちゃんなど、
生命の美しい始まりを象徴する作品の部門です。
 
フューチャー部門: 「大切にしたい風景」
自然風景、建物、街の景色など、
あなたが未来にも残したいものを表現した作品の部門です。
 
ヒューマン部門: 「笑顔」
笑顔の輝く瞬間を写した作品の部門です。
 
テクニカル部門: 「マクロ」、「アート」
「マクロ」…花や昆虫、水滴などをマクロでダイナミックに撮影した作品の部門です。
「アート」…アートフィルターやレタッチ、構図、
あるいは被写体そのもののアート性を表現するなど、
さまざまな「アート」を感じる作品の部門です。

【応募枚数】
1テーマにつき、一人5作品まで。
画像フォーマットはJPEGのみ、画像サイズは15MBまで
審査時の色空間はsRGBを基準とします。

【スケジュール】
応募期間:2015年8月25日(火) 午後14時~2015年11月20日(金) 午前11時
※いずれも日本時間
発表:2016年2月頃 ウェブページ上で発表予定

【対応言語】
日本語、英語、ドイツ語、フランス語、中国語簡体字、中国語繁体字、韓国語、タイ語
イタリア語、ロシア語、スペイン語、オランダ語、フィンランド語、ポーランド語 計14ヶ国語

【賞品・受賞数】
すべての応募者の中からグランプリとして1名に、
テーマごとの入賞者14人にそれぞれ賞品を進呈します。

グランプリ(1名)
PENシリーズの最新モデルと副賞100万円
テーマ賞(各テーマ1,2,3位および特別賞それぞれ1名、入選10名)
1位:OLYMPUS OM-D E-M1+M.ZUIKO DIGITAL ED12-40mm F2.8 PRO 1台
2位:OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED14-150mm F4.0-5.6 II 1台
3位:OLYMPUS OM-D E-M10 MarkⅡ+M.ZUIKO DIGITAL ED14-42mm F3.5-5.6 EZ
またはOLYMPUS PEN Lite E-PL7+M.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6 EZ 1台
特別賞:PENシリーズの最新モデル 1台
入選:MOLESKINEカスタムエディション・ハードカバーノートブック

詳細はこちらから。

どしどしご応募くださいませ!
ここ一番、渾身の作品で、世界の扉を開けちゃいましょう!!
お待ちしております!


日本写真学院クラス・生徒募集中!(2015年9月〜)

土曜日, 7月 25th, 2015

IMG_3009

日本写真学院で講師をはじめて半年が経ちました。

今後のクラス紹介をまとめました。

カメラに「デザインの視点」を足すとはじめて気づくことや、
掛け合わせてできることが格段に増えます。
よかったら八丁堀で2時間ばかり気軽に遊びにきてください。
いずれも初心者大歓迎です!

気になった講座があれば、講座名をクリック!
 
フォトパブリッシングクラス
全6回中5回で、indesignとphotoshopをイチから覚えていただき、
デザインのアドバイスをしながら、あなただけの写真集を作ることができます。(6回目は講評会)
少人数制・未経験OK・作る冊数は自由(1冊〜)です。
第1回生の写真集・全員好評にて、修了となりました。
 
▼第5回生 2016年01月09日(土)16:00~18:00より。
▼第6回生 2016年04月27日(水)19:00〜21:00より。
▼第7回生 2015年06月11日(土)16:00~18:00より。
 
 
ポートフォリオのためのデザイン講座
自身の作品を人に見せるときに「文字」の存在は欠かせません。
用途に適したフォントやレイアウトを知ることで、情報を効果的に伝達し、
ポートフォリオなどの作品の見せ方を最大限に引き出すことが可能になります。
フォントの種類から、色や配置、行間や字間の詰め方まで、プロの知識をすべてお伝えします。

▼講座修了
 
 
アートディレクションフォトレビュー
あなたの写真作品(何点でもOK)を出力して持ってきていただき、
参加者全員で意見を出し合った後、
なにが足りないかをデザイナーの視点から客観的に好評します。
気づかないことってたくさんありますよ。
講義時間は1名あたり約20分です。
 
▼講座修了
 
デザインのワークショップ「デザインソフトの基礎を知る」
デザインソフト・イラストレーターを使って基礎を覚えれば、
チラシやDMはもちろん、組写真や写真展のシミュレーションまで、
ご自分で制作・入稿可能になります。
Wordでは作りきれないデザインの入り口を体験してみませんか?
 
▼講座修了
 
 
デザインのセミナー「写真ディレクションのススメ」
撮りためた写真を自分だけで楽しんでいませんか? 
印刷して発表したり、周りの人に見てもらうことで次のステップへ進むことができます。
今回は、写真の構成の仕方や見せ方を考えることで、作品をよりよく見せる方法をお教えします。
デザインに不可欠なフォントの配置や選び方もお見せしながら、みなさんの疑問にもお答えします。
 
▼講座修了
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
kan_mimura1

プロフィールが講師ページに追加されました。しかし・・すごいメンツだ。

どの授業も全力で講義させていただいております。 
ぜひご参加のほど、よろしくお願いします!


ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2017年4月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930