Archive for 7月, 2015

日本写真学院クラス・生徒募集中!(2015年9月〜)

土曜日, 7月 25th, 2015

IMG_3009

日本写真学院で講師をはじめて半年が経ちました。

今後のクラス紹介をまとめました。

カメラに「デザインの視点」を足すとはじめて気づくことや、
掛け合わせてできることが格段に増えます。
よかったら八丁堀で2時間ばかり気軽に遊びにきてください。
いずれも初心者大歓迎です!

気になった講座があれば、講座名をクリック!
 
フォトパブリッシングクラス
全6回中5回で、indesignとphotoshopをイチから覚えていただき、
デザインのアドバイスをしながら、あなただけの写真集を作ることができます。(6回目は講評会)
少人数制・未経験OK・作る冊数は自由(1冊〜)です。
第1回生の写真集・全員好評にて、修了となりました。
 
▼第5回生 2016年01月09日(土)16:00~18:00より。
▼第6回生 2016年04月27日(水)19:00〜21:00より。
▼第7回生 2015年06月11日(土)16:00~18:00より。
 
 
ポートフォリオのためのデザイン講座
自身の作品を人に見せるときに「文字」の存在は欠かせません。
用途に適したフォントやレイアウトを知ることで、情報を効果的に伝達し、
ポートフォリオなどの作品の見せ方を最大限に引き出すことが可能になります。
フォントの種類から、色や配置、行間や字間の詰め方まで、プロの知識をすべてお伝えします。

▼講座修了
 
 
アートディレクションフォトレビュー
あなたの写真作品(何点でもOK)を出力して持ってきていただき、
参加者全員で意見を出し合った後、
なにが足りないかをデザイナーの視点から客観的に好評します。
気づかないことってたくさんありますよ。
講義時間は1名あたり約20分です。
 
▼講座修了
 
デザインのワークショップ「デザインソフトの基礎を知る」
デザインソフト・イラストレーターを使って基礎を覚えれば、
チラシやDMはもちろん、組写真や写真展のシミュレーションまで、
ご自分で制作・入稿可能になります。
Wordでは作りきれないデザインの入り口を体験してみませんか?
 
▼講座修了
 
 
デザインのセミナー「写真ディレクションのススメ」
撮りためた写真を自分だけで楽しんでいませんか? 
印刷して発表したり、周りの人に見てもらうことで次のステップへ進むことができます。
今回は、写真の構成の仕方や見せ方を考えることで、作品をよりよく見せる方法をお教えします。
デザインに不可欠なフォントの配置や選び方もお見せしながら、みなさんの疑問にもお答えします。
 
▼講座修了
 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
kan_mimura1

プロフィールが講師ページに追加されました。しかし・・すごいメンツだ。

どの授業も全力で講義させていただいております。 
ぜひご参加のほど、よろしくお願いします!


「真説・長州力 1951-2015」田崎健太(集英社インターナショナル)

土曜日, 7月 25th, 2015

IMG_3478
 
「真説・長州力 1951-2015」
著=田崎健太(集英社インターナショナル)の装丁をさせていただきました。

2013年に「ザ・キングファーザー」(カンゼン)
2014年に「球童 伊良部秀輝伝」(講談社)など
ずっとお世話になっているノンフィクション作家・田崎健太さんの新刊です。

小学生の時、新日本プロレスが好きで、
闘魂三銃士をよく見に行っていました。
プロレス好きとしてはこんな楽しい仕事はないなと、
装丁中ずっとニヤついていました。

500ページの破壊力。
あのラリアートをいきなりもらったような衝撃。。全部がここにあります。
往年のプロレスファンでも、いまの長州さんが好きでも、なにもしらない人も、
現代のスピードが速すぎて忘れそうになっていた「生き様」を噛みしめてください。
そんなあなたの、この夏の課題図書です。よろしくお願いします!

<カバー>いい写真だった。すごくいい写真だった。
CR_cover

今回の肝、箔押しする前バージョン。
文字の黒カゲを残してみた。
CR_cover
 
箔押しすると、、、大成功っ! 浮いているように見える。
IMG_3477
 
タイトルは、フォント「秀英初号明朝撰」から起こした方が、
活字で組むより綺麗だったので、活字は不使用。
縁を荒くして活字っぽく。
ph_924
 
<帯付き>
CR_cover
 
<表紙>
CR_hyoushi
 
<別丁扉>
桐谷健太写真集「野良人」のときに出会った
写真家・関根虎洸さんに撮っていただきました!
TOBIRA+mokuji
 
<章扉(抜粋)>これも関根虎洸さん。
CR_CHAP_f_OL
 
★カバー
ヴァンヌーボVホワイト46Y目130kg
ニス引き+赤金箔押し
★帯
ヴァンヌーボVホワイト46Y目130kg
ニス引き
★表紙
AライトスタッフGA-FS 46Y目110kg
★化粧扉(別丁扉)
OKトップコートマットN 46Y目110kg
★見返し
タントS-8 46Y目110kg
★しおり
伊藤信男商店 23
★はなぎれ
伊藤信男商店 14 O

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
<内容紹介>
プロレス・ノンフィクション史上最大級のインパクト!

本当のことを言っていいんだな?
本名・郭光雄、通名・吉田光雄――
“端っこ”の男はプロレスラー長州力となり、時代の“ど真ん中”を駆け抜けた。
今、解き明かされる“革命戦士”の虚と実。
その全歴史!

在日朝鮮人二世として生まれた幼少期の苦悩から、ミュンヘン五輪、“噛ませ犬”事件、“黒歴史”WJプロレス崩壊の真相、そして現在――
長州力がすべてを語った!
藤波辰爾、佐山聡(初代タイガーマスク)、坂口征二、アニマル浜口、キラー・カーン、大仁田厚ら大物プロレスラーも登場。多数の関係者取材で迫る衝撃ノンフィクション!

〈目次〉
プロローグ 端っこの男
第一章 もうひとつの苗字
第二章 ミュンヘンオリンピック韓国代表
第三章 プロレスへの戸惑い
第四章 「長州力」の名付け親
第五章 メキシコに「逃げる」
第六章 「噛ませ犬」事件の“謎”
第七章 タイガーマスク引退とクーデター
第八章 ジャパンプロレスの野望
第九章 長州を恨む男
第十章 現場監督の秘密
第十一章 消されたUWF
第十二章 アントニオ猪木と大仁田厚
第十三章 WJプロレスの躓き
第十四章 どん底
第十五章 再び、「ど真ん中」に
エピローグ 赤いパスポート

著者について
田崎健太(たざき・けんた)
1968年3月13日京都市生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学法学部卒業後、小学館に入社。『週刊ポスト』編集部などを経て、1999年末に退社。著書に『cuba ユーウツな楽園』 (アミューズブックス)、『此処ではない何処かへ 広山望の挑戦』 (幻冬舎)、『ジーコジャパン11のブラジル流方程式』(講談社プラスα文庫)、『W杯ビジネス30年戦争』(新潮社)、『楽天が巨人に勝つ日-スポーツビジネス下克上-』 (学研新書)、『W杯に群がる男たち―巨大サッカービジネスの闇―』(新潮文庫)、『辺境遊記』(絵・下田昌克 英治出版)、『偶然完全 勝新太郎伝』(講談社)、『維新漂流 中田宏は何を見たのか』(集英社インターナショナル)、「ザ・キングファーザー」(カンゼン)、『「球童 伊良部秀輝伝」』(講談社)などがある。早稲田大学スポーツ産業研究所 客員研究員。
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
単行本: 496ページ
出版社: 集英社インターナショナル (2015/7/24)
ISBN-10: 4797672862
ISBN-13: 978-4797672862
発売日: 2015/7/24
商品パッケージの寸法: 19 x 13.8 x 3.2 cm
  
amazonは、こちらから。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
田崎健太さん、
集英社インターナショナルのプロレス馬鹿編集者・中込勇気さん、
「箔押しやっていいよ」、いまでも耳に残っています。舵取り・中丸一朗さん、
本当にありがとうございました。

11174474_901127869930732_2243789047556156399_o
 


ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/niwanoniwa/niwanoniwa.com/public_html/blog/wp-content/plugins/tweetable/tweetable.php on line 166

    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/niwanoniwa/niwanoniwa.com/public_html/blog/wp-content/plugins/tweetable/tweetable.php on line 175
カレンダー
2015年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031