Archive for 7月, 2009

女に泣かされた。(戸隠後編)

水曜日, 7月 15th, 2009
Share on Facebook

旅先での限りある時間や
人と「出会う」時間は
至上なものであり、非日常的だ。
だから、やたらテンションがあがる。

CAFE!HUNGRY CATEPILLERにて

CAFE!HUNGRY CATEPILLERにて



それを普段の生活リズムに戻すためには
それに要した時間もしくは、それ以上を要する。
まるで筋肉痛のように・・・
陶芸家山中恵介さん宅裏庭にて

陶芸家山中恵介さん宅裏庭にて



やっと筋肉痛がとれたので、後編へ。

戸隠はチェンバロのオーナー神倉恵子さんは
人を「照らす」月のような人だった。
澄んでいた。すべてがわかっているようだった。

チェンバロ前にて(右から3番目が神倉恵子さん)

チェンバロ前にて(右から3番目が神倉恵子さん)

ソレはまるで、「偶然」を装ってやってくる。
誰かと「はじめまして」すれば、すぐにやってくる。
集まる。繋がる。集まる。繋がる。 あっちもこっちも。

「え?そこ、つながっちゃう?」
「あれ?そっちも?まじ?」偶然なんかじゃない。
すべてはあなたが照らしているだけなんだから。

澄人もそんな恵子さんと偶然会った一人だった。

明澄藍色

明澄藍色



◎榊原澄人

前編で触れた通り、彼は、奇才だ。
日本には比較する人間がいない。
大胆に呼び込み、繊細に発想し、宇宙を作る。
そんな風に見える。話し込んでみたい。
いつか一緒に仕事がしてみたい。

アーチスト一同(澄人家にて)

アーチスト一同(澄人家にて)



◎川窪恭子/川窪裕子

妹裕子(写真右)は2004年11月に
パラグアイの「グアランバレ・フェスティバル」に出場し、
アルパ部門で外国人としては初めて優勝を果たした努力型天才奏者だ。

川窪姉妹が飛ぶ

川窪姉妹が飛ぶ



チェンバロで彼女のCDの1曲目にもある「時」を
聞かされたときのことはよく覚えていない。
音の上を悠々として流されるまま。

初めてだった。
音が純粋すぎて、
想いがそのまま音に成った気がして。
官能的に果てる感じに近かったと記憶している。

六根(戸隠奥社)

六根(戸隠奥社)



その夜更け、この姉妹と澄人家で一杯飲むことになったわけだが・・・

誰かが押した核スイッチは、
「川窪一家のすべらな~~い話」だった。

前述の音とはまるで結びつかない、
間髪なしのマシンガン姉妹漫才。
すべてが川窪大家族ネタオンリーなのだが、
niwaは腹が破裂するんじゃないかというくらいの
奇想天外な家族エピソードの連続。

dsc_9281

笑いきった。笑いきって、泣いた。泣いて、泣いて、泣かされた。

姉の巧みに組まれたストーリー展開にひたすらかぶせ合う話術。
最近のつまらない芸人に聞かせてあげたい。

姉恭子は俺の知る中で随一の活弁士兼介護士である。

耳をたてさせる女と
泣かせる女は
素敵だ。

ありがとう。

月照

月照


 
 

Share on Facebook

開高健 出版人マグナカルタ 九章 直筆 原本

水曜日, 7月 8th, 2009
Share on Facebook

開高健 出版人マグナカルタ九章 直筆 原本

出版人 マグナ・カルタ 九章

出版人 マグナ・カルタ 九章

読め。
耳をたてろ。
両眼をあけたままで眠れ。
右足で一歩一歩歩きつつ、左足で跳べ。
トラブルを歡迎しろ。
遊べ。
飲め。
抱け、抱かれろ。
森羅萬象に多情多恨たれ。

右の諸則を毎日三度、
食前か食後に暗誦、
服用なさるべし。

Share on Facebook

「甦る五重塔 身延山久遠寺」 鹿野貴司 写真展

金曜日, 7月 3rd, 2009
Share on Facebook

チラシ表

チラシ裏

「甦る五重塔 身延山久遠寺」 鹿野貴司 写真展のお知らせ

鎌倉時代、日蓮聖人によって開かれた深山幽谷の霊地、山梨県・身延山。
いまも山中には数多くの堂宇が立ち、
日蓮宗総本山として多くの信仰を集めています。

その身延山には元和5年(1619)、五重塔が奉納されました。
二度にわたって焼失の憂き目に遭いますが、平成16年に復元を発願。
今年5月に落慶を迎え、134年ぶりに荘厳な七堂伽藍が甦ります。

身延山に魅せられた写真家・鹿野貴司は、
その過程を2年間にわたって撮り続けてきました。
本展はそれらを中心に、身延山の四季や行事、
祖山を護る僧侶たちの姿を加えた約40点によって構成するものです。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

niwanoniwaは今年、特異なる
一冊の写真集のアートディレクションと
写真展パンフレット制作をさせていただきました。

写真家鹿野貴司が2年間もの間、足繁く通い、
焼失した五重塔の復元に一から立ち会い、
本人にしか撮ることができなかった唯一無二の写真の数々を写真集にしました。

気持ちいい仕事をさせていただき、ありがとうございました。
本朱

銀座、札幌、仙台にお立ち寄りの際には、
ぜひともキヤノンギャラリーへ。

* 会場:キヤノンギャラリー銀座
* 住所:東京都中央区銀座3-9-7 トレランス銀座ビルディング1F
* 会期:2009年7月2日〜7月8日
* 時間:10時〜19時(最終日は15時まで)
* 休館:日曜日、祝日
* 入場料:無料

* 会場:キヤノンギャラリー札幌
* 住所:北海道札幌市北区北7条西1-1-2 SE山京ビル1F
* 会期:2009年8月17日〜8月28日
* 時間:9時〜17時30分(最終日は15時まで)
* 休館:土曜日、日曜日、祝日
* 入場料:無料

* 会場:キヤノンギャラリー仙台
* 住所:宮城県仙台市青葉区国分町3-6-1 仙台パークビルヂング1F
* 会期:2009年9月24日〜10月2日
* 時間:9時〜17時30分(最終日は15時まで)
* 休館:土曜日、日曜日、祝日
* 入場料:無料

特に最近エネルギーが足りてない方、
夏に向けて気を蓄えたい方、
ただただ寺な方、

ご満足していただけること間違いありません。

よろしくお願いします。

3分で行けますか?

3分で行けますか?

Share on Facebook

ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2009年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031