哲学の木。


_DSF2896のコピー

風景写真には中毒性がある。
カメラやレンズ、プリントにお金や時間をかければかけるほど、
その中毒性は増すことを自分でも感じる。

ルールや迷惑、ひどい場合は犯罪まで犯して
「自分だけしか」「人が撮れないもの」「評価されたい」なんて、
「写真」に撮らされているだけで、プロが見ればわかるし、
そんなものに一銭の価値もない。
公開したらしたで「自分は犯罪者」って自白しているようなものだ。

なにより、地球が魅せてくれる無限の絶景に対して、
その感謝と敬いを忘れて、「写真」のためだけに
その領域に踏み入れるような中毒患者には、
シャッターを切る資格なんてない。

哲学の木を思い追い続け、その最後を見守った中西敏貴さんが、
美瑛で最初に連れて行ってくださいました。

くわしくは、中西さんのblogで。


Tags: , ,

Leave a Reply

ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2017年6月
« 4月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930