Posts Tagged ‘design’

【最近の写真の仕事】

金曜日, 8月 10th, 2018
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

いま、ディレクションしている写真展たくさんやってます。
【写真展+写真集】
★THE GALLERY
企画展 熊切 大輔 写真展 「刹那 東京で」
2018年7月31日(火)~8月20日(月)
http://www.nikon-image.com/activity/news/2018/0531_03.html
<<<8/10 17時から裏トークショー>>

★富士フォトギャラリー銀座
藤里 一郎×才恵加 写真展「Days」
8月10日(金)~8月16日(木)
http://www.prolab-create.jp/gallery/ginza/
<<<8/12 14時からトークショー>>

★清里フォトアートミュージアム 
台湾写真交流展 島の記憶 – 1970~90年代の台湾写真
2018年7月7日(土) ~ 12月2日(日)
http://www.kmopa.com/?p=6384

【写真集】
★リコーイメージングスクエア新宿
安念 余志子 写真展「うたかた」
2018年8月8日(水)~8月13日(月)
http://www.ricoh-imaging.co.jp/…/squa…/2018/08/20180808.html

★ピクトリコショップ&ギャラリー表参道
鶴巻 育子 写真展 「THE BUS」
2018年8月8日(水)~8月12日(日)
http://www.pictorico.jp/press-release/detail/331/

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

【niwanoniwaの仕事】写真集アートディレクション

火曜日, 3月 6th, 2018
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

【niwanoniwaの仕事】2016/12-2018/3までに
ディレクションさせていただいた写真展まとめ。

「もっとシマエナガちゃん」小原玲
「輝く人」公文健太郎
「Design0」中西敏貴
「MOJITIVE」 熊切大輔
「めくるめくる写真集」三村漢ゼミ修了生
「東寺の四季」山田久美夫
「VALETUDO」井賀孝
「うまたび」清水哲朗
「22」藤里一郎+鎌滝えり
「Design(図録)」中西敏貴
「New Zealand」秦達夫
「築地ラビリンス」土屋勝義+新納翔
「東京トンボ日記」田中博
「Japanesque」山本学
「ally」畠山公妥
「KUMANO KODO」山本まりこ
「Design」中西敏貴
「瞬間の顔」山岸伸
「山と肌」藤代冥砂
「サトタビ47」佐藤尚
「藤江れいな 記憶」萩原和幸
「Trans Japan Alps Race」藤巻翔、小関信平、後藤武久、宮上晃一
「熊野古道を歩いています。」山本まりこ
「ROOTS 日本の原景」小澤忠恭

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

写真展のアートディレクション(2017/1-2018/3)

火曜日, 3月 6th, 2018
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

【niwanoniwaの仕事】2017/1-2018/3までに
ディレクションさせていただいた写真展まとめ。
(*DMデザインのみは除く)
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
左上から
「耕す人」公文健太郎
「Present」坂本三佳
「Design」中西敏貴
「めくるめくる写真展」三村漢ゼミ修了生
「長野県のモノづくり」オリンパス映像事業80周年記念
「Nostalgia」斎藤のりこ
「The Master’s hands」秦達夫
「ぼくのより道47」佐藤尚
「八ヶ岳いきものがたり」西村豊
「絶景恋愛」星野佑佳
「pigalle」大山謙一郎
「Japanesque」山本学
「COLORS -LAOS, DON DET」小澤太一
「22」藤里一郎+鎌滝えり
「ally」畠山公妥
「ROOTS日本の原景」小澤忠恭

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

裏庭の二羽ブログを再開。

月曜日, 2月 6th, 2017
Facebook にシェア
[`evernote` not found]


 
忙しさのせいにして、blogから遠くなってたけど、2月から再開させていただきます。
昨年は20冊以上の写真集を作らせていただきました。本当にありがとうございました。
もちろん数ではありません。「残る一冊」を念頭に、一つずつしっかりものづくりに徹していきます。
よろしくお願いします。
三村漢の仕事

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

井津建郎写真展「インド ― 光のもとへ」アートディレクション

日曜日, 7月 3rd, 2016
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

india_A4_F_OL4

 
清里フォトアートミュージアムで、
井津建郎写真展「インド ― 光のもとへ」はじまりました。
ロゴからチラシなどの全体デザインと
地図などのパネルデザインなど、
アートディレクションを担当させていただきました。

3ヶ月間のロングラン。
写真に興味があるもそうでない人も一度みていただきたいです。

先日のコニカミノルタで騒然となった井津さんの「ブータン 内なる聖地」は本当に素晴らしい写真展でした。
それを超える内容とボリュームだと自信を持って言い切れます。

夏の山梨に行った際にはぜひ! 
 
100kgのカメラで撮ったプラチナプリントはとんでもないです。ただただとんでもない。

中間調からライト側の階調の出方がとても繊細で、
その表現方法をはじめて拝見したときは一日ぼーっとしてしまいました。
パソコン画面では決して表現できない作品は、「写真」としての意味も説いていると感じました。

ほったらかし温泉とか中村農場寄って、
7月31日のトークショーに行こうかな。

 
<チラシ表>
india_A4_F_OL4
 
<チラシ裏>
india_A4_F_OL4
 
<エントランスパネル>
DSCF5519
 
<地図>
india02map4_OL
 
<パネル>
スクリーンショット 2016-07-02 19.32.15
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
展覧会名:井津建郎「インド ― 光のもとへ」Kenro Izu: Eternal Light
会  期:2016年7月2日(土)~10月10日(月・祝)
休 館 日:6/20(月)~7/1(金)、7,8月は無休、9月以降は毎週火曜日
会  場:清里フォトアートミュージアム
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)

■アーティストによるギャラリー・トーク:「インドー光のもとへ」 
日時:7月31日(日)13:00~15:00
■出演:井津建郎、山岡淳一郎(ノンフィクション作家)
■山岡淳一郎/ 愛媛県生まれ。「人と時代」を共通テーマに政治、近現代史、医療、建築など分野を超えて旺盛に執筆。
時事番組の司会も務める。著書は『後藤新平 日本の羅針盤となった男』『原発と権力』『国民皆保険が危ない』他多数。

芸術新潮広告 2016年7月号>
SINCHO_AD_F_re
 
毎日新聞広告 5段2分の1>
アートボード 1
 
産經新聞朝刊 全15段>
SANKEI_NP_cs5_OL

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

「オズの世界」 小森陽一 (集英社文庫)

土曜日, 11月 21st, 2015
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

ozu_cover_F_RE

またまた小森陽一先生と「オズの世界」(集英社文庫)の装丁を
させていただきました。

小森陽一さんとは、
  
DOG×POLICE 警視庁警備部警備第二課装備第四係集英社
DP_cover
 
 
2013年に「天神」 シリーズ開始。
tenjin_cover1
 
 
2015年に、続編の「天神2 音速の鷲」
TENJIN2_COVER_f_OL_re2
 
 
続けて、「天神3 イーグルネスト」TENJIN3_COVER_f

と継続的にタッグを組ませていただいております。

 
その小森先生の新刊書き下ろしが、『オズの世界』。
 
イラスト書き下ろしは、
イラストレーターの今村誠也さん。
さすがの熊本ご出身。
小森さん独特の世界観を
コドモゴコロたっぷりに膨らませた作品が上がってきました〜〜〜!

今村さんのHPより転用。http://www.officeseiya.com/

今村さんのHPより転用。http://www.officeseiya.com/


 
そうそう、、実は、ロケハンに呼んでいただきまして・・

2014年10月に九州っ子は知らない人がいない
熊本の遊園地・グリーンランドにご同行させていただきました。
とんでもないとんでもな〜い広さだったなあ。50周年もすごい! 
 
そして、その夜は一生忘れないやんちゃな天神の夜になりましたとさ。
 
1800256_803827216327465_6466377484835486312_n
 
10612898_804010892975764_5367571906626076529_n

小森さんのブログ「一期一会」でも
記事「新刊到着」にしていただきましたよっ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
文庫: 332ページ
出版社: 集英社 (2015/11/20)
ISBN-10: 4087453863
ISBN-13: 978-4087453867
発売日: 2015/11/20
 
ディズニーランドで働くことを夢見ていた久瑠美が配属された先は九州のローカル遊園地だった!?
都会と田舎のギャップに困惑しながら、地方で人を感動させることの大切さを見つけてゆく成長物語!

amazonは、こちらから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
IMG_8762

おおっ!三部完結したはずの天神シリーズが
続編決定とのお知らせ。人気過ぎっ!
これはまた楽しみだ♡

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

「ローマで語る」塩野 七生/アントニオ シモーネ(集英社)

木曜日, 10月 1st, 2015
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

ROMA_f_OL

「ローマで語る」著=塩野 七生/アントニオ シモーネ(集英社文庫)の
装丁させていただきました。

事の発端は、一年前。
カプリチョーザで当てたまさかのイタリア旅行で、
優雅にローマ・サンタンジェロ城のカモメを撮っていたら、

編集者から
「今ローマにいます? 装丁があります。
ローマの写真をいろいろ撮ってきてください。」

という電話がかかってきたのが最初でした!!! え〜〜。

IMG_6702

ちょうどローマにいたことで仕事になった、ノリが嬉しい1冊♡
(結果、別の写真使用になりましたが、ウフフなのです。)
 
<単行本のカバー>

41nHKT1BQdL._SX298_BO1,204,203,200_
 

名画から意外な作品まで、あの塩野七生さん親子が、
その独特の視点から、すごい内容をしゃべりまくっています。
 
本文内、写真の再編作業も楽しかったです。
 
個人的には、「マストロヤンニはなぜ女性にモテるのか?」が好きな章。
 
色校(後ろ)は、黄色く出てしまったので、
赤みを足して、石畳と夕方の自転車少年を表現。
 
IMG_5656
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
内容
歴史と文化に造詣の深い塩野七生とその息子アントニオ・シモーネが、世界中の映画を語り尽くす!戦争下における人間の尊厳を描く『戦火のかなた』、作家の毒と狂気に満ちた『カポーティ』、知力を駆使して悪を欺く『スティング』など、芸術作品から娯楽映画まで、世代とジャンルを超えて心に刺さる名作60作品以上を徹底分析。“最初で最後の共演”と明言する、稀世の親子対話集。

文庫: 324ページ
出版社: 集英社 (2015/9/18)
ISBN-10: 4087453642
ISBN-13: 978-4087453645
発売日: 2015/9/18
商品パッケージの寸法: 15 x 10.4 x 1 cm
 
amazonはこちらから。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

「三井食品xふくしまプロジェクト」ブースパネルデザイン

月曜日, 8月 17th, 2015
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

pos01-f2

食品卸大手の「三井食品㈱」主催の
フードイベント「三井食品フードショー」が
2015年7月22,23の二日間、東京ビッグサイトで開催されました。

その「ふくしまプロジェクト」さんとのコラボレ—ションブース
の出展パネルデザインを2014年度ポスターに続き、
アートディレクションさせていただきました。

昨年のイラストとはガラッと変えて、
「写真」でどーんなので、曲線を使って、
3枚並んだときの効果を考えてデザインしました。

pos01-f2

pos01-f1

pos01-f3

写真家ケニア・ドイさん、
ふくしまプロジェクトの於保さん・藤谷さん、
いつもありがとうございます!
 
<会場にて>(撮影=藤谷玉郎)
11722507_864796240223818_4599713208882506210_o

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

「NTV火曜9時アクションドラマの世界」ディレクション

火曜日, 6月 9th, 2015
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

NTV-cover_OL_re

「NTV火曜9時 アクションドラマの世界
『大都会』から『プロハンター』まで」
著=山本俊輔, 佐藤洋笑DU BOOKS)の
装丁・本文デザイン・本文流し込み(480ページ!)を
させていただきました。
DU BOOKSは、Disk Unionが経営する出版社です。

火曜21時にスポットをあてた初の読み物ということで、

中身は、もうタイトル通り。
【大都会シリーズ】
【大追跡】
【探偵物語】
【大激闘マットポリス’80】
【警視-K】
どれかにひっかかる人は買いです。
当時のスタッフの証言と秘話満載で、
カルトQ並の濃さでございます。

発売前からネット上で関係者が加熱するくらい盛り上がっているのですが、
(クレジットみたら僕が装丁者でびっくりしたとのお声もいただきました。意外?)

これは、もう誰もが記憶に残るアレで遊ぶしかないということで、
niwanoniwa山本怜央くんに、がっつり起こしてもらいました。
 
スクリーンショット 2015-06-09 10.43.33

ただ完全な「読み物」ということで、
「遊ぶところ」と「しっかりするところ」
住み分けを考えてこんな感じになりました。
 
<カバー>
NTV-cover_OL_re
 
NTV-cover_OL_re
 
<表紙>)テレビもはまった!
NTV-hyoushi_OL

<帯>
NTV-cover_OL_re
 
<扉>
tobira

<本文>脚注情報満載でございます。
86-892
 
86-89
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
▼内容紹介
映画よりも熱く、舞台よりも衝撃的。
初の「NTV火曜9時」クロニクル。
テレビドラマ界に改革をもたらした熱き男たちの、闘いの日々。
本書で初めて語られる、「大都会」シリーズ・「探偵物語」、
警視‐K」な ど、伝説的名作の制作秘話とは。
ドラマ界に革命をもたらした70~80年代の日テレ火曜9時枠ドラマ8作品
につ いて、当時のスタッフの貴重な証言とともに掲載!

▼著者
山本俊輔(やまもとしゅんすけ)
1975(昭和50)年東京生まれ。
立教大学社会学部卒業後、映像の世界へ。
監督作『カクトウ便/そして、世界の終わり』(2007)で劇場公開デビュー。
映画監督業の傍ら、『デス・ゲーム・パーク』、
木更津グラフィティ』などの脚本や、小説も多数執筆。
主な著書に『テイクファイブ』(小説版)、『脱獄学園島』などがある。
監督としての最新作は片桐竜次も出演する『愛に渇く -thirst for love-』(2015年公開予定)。

佐藤洋笑(さとうひろえ)
1974(昭和49)年生まれ。
音楽雑誌編集者を経て、映画、音楽を主な執筆対象とするライター活動を開始。
映画秘宝」、「ミュージックマガジン」などに多数寄稿。
並行して映画ZINE「映画時代」の企画編集に携わり、
長年に渡り「火曜9時」関係者への取材や、イベントの主催を手がける。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
単行本: 480ページ
出版社: DU BOOKS 四六判版 (2015/4/10)
ISBN-10: 4907583346
ISBN-13: 978-4907583347
発売日: 2015/4/10
商品パッケージの寸法: 20.8 x 15 x 2.6 cm
 
amazonは、こちら
から。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
IMG_2487のコピー
 
DU BOOKS編集部・中井真貴子様、
前回の「SEMPE IN NEW YORK」に続き、
いつもぶっ飛び面白いお仕事、ありがとうございました。 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

鹿野貴司写真展「はやかわ移動しゃしん館」

金曜日, 4月 10th, 2015
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

omote

身延山久遠寺の仕事七面山の仕事などなど、
お世話になりまくっている写真家・鹿野貴司さんの
写真展「はやかわ移動しゃしん館」のチラシを
デザインさせていただきました。
 
5D3_2630

ADS_4538

早川町は、山梨にある日本一人口の少ない町です。
鹿野さんはそこに通い続け、町と町民の表情を撮り続けています。
 
IMG_6087のコピー
 
IMG_6095

その皮切りに、撮影地から写真展スタートです。
 
<チラシ表>
omote

<チラシ裏>
ura

■場所=はやかわ創造空間COCOROTO
■住所=〒409-2713 山梨県南巨摩郡早川町保1525 ☎0556-45-2770

■日時=2015年6月6日〜28日
■時間=10:00~17:00
■休館=月曜・火曜
■入館無料
■Email=cocoroto.cs@gmail.com
■web=http://cocoroto.cocolog-nifty.com/blog/

でございます。6月の山梨。山登りついでに遊びにおいで。


 
鹿野さんとのでかいお仕事は、今日一歩前進いたしました。
それはまた追って。

IMG_6110
 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2018年9月
« 8月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930