Posts Tagged ‘photograph’

藤里一郎+鎌滝えり写真集「22」完成。

水曜日, 4月 12th, 2017

写真集「22」完成。左が「22」。右が昨年の「21」。
藤里一郎が掴まえた鎌滝えり22歳の全部。
明後日からギャラリーX写真展会場にて会期中のみの販売。
いまフジフイルムの神職人さんたちがせっせとハンドメイドで制作中です。
28ページ・オールカラー・印画紙プリント
価格=3,800円(税込)
売り切れ次第、予約・申し込みとなります。


 
 
こちらすでにすべて配り終えたDMデザイン。

4月14日~27日 10:00〜19:00までのロングラン。
 
フジフイルム スクエア内ギャラリーX
15.16日は17時より藤里一郎+鎌滝えり+三村漢でトークショーします。


【満員御礼】三村漢ゼミ【写真集を作ろうクラス】募集開始(水・土)

月曜日, 2月 27th, 2017

復活希望の声を沢山いただきありがとうございました。

全6回で「写真集を作ろう」クラス募集開始しました。
(日本写真学院でほぼ満席でやらせていただいたアレです。)
 
【満席御礼】−写真集を作ろう– Aクラス19:00~21:00
1回目 2017年4月12日(水) 
2回目 2017年4月26日(水)
3回目 2017年5月10日(水)
4回目 2017年5月24日(水)
5回目 2017年6月7日(水)
6回目 2017年6月28日(水)

【満席御礼】−写真集を作ろう– Bクラス16:00~18:00
1回目 2017年5月6日(土)
2回目 2017年5月27日(土)
3回目 2017年6月10日(土)
4回目 2017年6月24日(土)
5回目 2017年7月8日(土)
6回目 2017年8月5日(土)

作りたい写真集/ポートフォリオがあれば、
PC&アプリケーション完全完備ですので、
手ぶらで1冊から何冊でも作れます。(オフセット・オンデマンドお選びいただけます)
 
作品セレクト・足りないところ・構成・Adobeソフトの使い方・魅せ方まで。
 
Indesignやイラストレーターが初心者の方がほとんどです。
前後の時間やFacebook等を使って、時間外も個人フォローいたします。
 
上限6名ずつなので、早い者勝ちでどうぞよろしくお願いします。
場所は市ヶ谷から徒歩10分。アクセスも良しです。
※申し訳ありませんが、今後継続するかは現状わかりません。


【2016/01−2017/02までの写真集の仕事】

月曜日, 2月 27th, 2017

2017御苗場に登壇する際に2016年以降の写真集の仕事をまとめてみました。

左上から
「LUMIX GX7markⅡプレミアムPHOTOBOOK」
ハービー山口x相原正明x HARUKI Panasonic 2016/04
「Solitude NYC」熊切大輔2016/09
「2017RICOHカレンダー」 中西敏貴 リコー株式会社 2017/01
「ORDINARY」中西敏貴 風景写真出版 2016/01
「ヒマラヤに捧ぐ」野口健 集英社 2016/02
「築地ラビリンス」土屋勝義・新納翔 ふげん社 2016/12
「NewZealand」秦達夫 キヤノンxオノウエ印刷 2017/02
「のはら」林幸恵 風景写真出版 2016/08
「キッチュ a GO!! GO!! 浪花♡編」若子jet リベロアルテ 2016/07
「アルプス星夜」菊池哲男 山と溪谷社 2016/08 
「NewType」清水哲朗 日本カメラ社 2016/01
「沖縄・八重山諸島」深澤武 青菁社 2016/01
「Design」中西敏貴 キヤノン株式会社 2017/02
「シマエナガちゃん」小原玲 講談社 2016/11
「47 サトタビ」佐藤尚 風景写真出版 2017/02
「Don Det」小澤太一 2016/09
「東寺の四季」山田久美夫  Panasonic 2016/11
「京都 花鳥風月」水野克比古・水野秀比古 日本写真企画 2016/03
「21」写真家:藤里一郎 女優:鎌滝えり 2016/04
「山梨県早川町 日本一小さな町の写真館」鹿野貴司 平凡社 2016/09
「THE SHOW GIRLS」yOU 2017/02

写真家の真横に寄り添って、
友達のようにあーでもないこーでもないいいながら、
内面を汲み取り、思い入れをあるときは捨てて貰い
ストーリーを編み上げるのが僕の仕事です。

お仕事をくださった写真家・関係者の皆様
ありがとうございました。


「最初に作った写真集は何ですか?」

日曜日, 2月 12th, 2017

先日受けたインタビューで
「自身で最初に作った写真集は何ですか?」と聞かれ、
調べてみたら、2008年に写真家・外山ひとみさんと作った
世界最大写真集『Women of Vietnam』だった。


 

 
1冊の大きさがタテ4m×ヨコ3mにして26ページ。
見開くと6mという巨大サイズにして、重さ200キロ、
台座を含めると総重量が1トン!
ギネス認定!

外山さん。10年前、なんであのとき、
僕にこんな大仕事をご一緒させてくれたかは聞けなかったけど、
この一冊がきっかけであり、スタートだったって胸を張れる仕事を
今も続けております。

あの刑務所の写真たち、どうするんすか? 
そもそも、そっちにも刑務所はあるんですか?
写真そろそろ貯まったんじゃないんすか? 

またいずれ「大きい」写真集作れるように、腕あげておきますね。
それまで、今まで通り、奔放で煌々とした旅を続けていてください。
 

 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
Guinness World Records /世界最大写真集をベトナムで製作
1ページ=タテ4m×ヨコ3m, 26ページ, 53作品掲載

☆TITLE『Women of Vietnam』
●Photographer & Art Directer:外山ひとみ(Hitomi Toyama)
●Production:Canon Singapore Pte.Ltd Vietnam Representative Offices
●Framing Coordinator:高橋聡(フレームマン)
●Designer:三村漢
●Art Coordinator:DO QUOC TRUNG(TVAdv.comCo;Ltd)
●Camera:EOS-1DsMARKⅡ,1DS,5D,1N,5,F-1,T-90 (銀塩からデジタルまで3世代の機材を使用)
●Printer:Canon Large Format/iPF9000(60inch)


裏庭の二羽ブログを再開。

月曜日, 2月 6th, 2017


 
忙しさのせいにして、blogから遠くなってたけど、2月から再開させていただきます。
昨年は20冊以上の写真集を作らせていただきました。本当にありがとうございました。
もちろん数ではありません。「残る一冊」を念頭に、一つずつしっかりものづくりに徹していきます。
よろしくお願いします。
三村漢の仕事


井津建郎写真展「インド ― 光のもとへ」アートディレクション

日曜日, 7月 3rd, 2016

india_A4_F_OL4

 
清里フォトアートミュージアムで、
井津建郎写真展「インド ― 光のもとへ」はじまりました。
ロゴからチラシなどの全体デザインと
地図などのパネルデザインなど、
アートディレクションを担当させていただきました。

3ヶ月間のロングラン。
写真に興味があるもそうでない人も一度みていただきたいです。

先日のコニカミノルタで騒然となった井津さんの「ブータン 内なる聖地」は本当に素晴らしい写真展でした。
それを超える内容とボリュームだと自信を持って言い切れます。

夏の山梨に行った際にはぜひ! 
 
100kgのカメラで撮ったプラチナプリントはとんでもないです。ただただとんでもない。

中間調からライト側の階調の出方がとても繊細で、
その表現方法をはじめて拝見したときは一日ぼーっとしてしまいました。
パソコン画面では決して表現できない作品は、「写真」としての意味も説いていると感じました。

ほったらかし温泉とか中村農場寄って、
7月31日のトークショーに行こうかな。

 
<チラシ表>
india_A4_F_OL4
 
<チラシ裏>
india_A4_F_OL4
 
<エントランスパネル>
DSCF5519
 
<地図>
india02map4_OL
 
<パネル>
スクリーンショット 2016-07-02 19.32.15
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
展覧会名:井津建郎「インド ― 光のもとへ」Kenro Izu: Eternal Light
会  期:2016年7月2日(土)~10月10日(月・祝)
休 館 日:6/20(月)~7/1(金)、7,8月は無休、9月以降は毎週火曜日
会  場:清里フォトアートミュージアム
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)

■アーティストによるギャラリー・トーク:「インドー光のもとへ」 
日時:7月31日(日)13:00~15:00
■出演:井津建郎、山岡淳一郎(ノンフィクション作家)
■山岡淳一郎/ 愛媛県生まれ。「人と時代」を共通テーマに政治、近現代史、医療、建築など分野を超えて旺盛に執筆。
時事番組の司会も務める。著書は『後藤新平 日本の羅針盤となった男』『原発と権力』『国民皆保険が危ない』他多数。

芸術新潮広告 2016年7月号>
SINCHO_AD_F_re
 
毎日新聞広告 5段2分の1>
アートボード 1
 
産經新聞朝刊 全15段>
SANKEI_NP_cs5_OL


哲学の木。

日曜日, 3月 20th, 2016

_DSF2896のコピー

風景写真には中毒性がある。
カメラやレンズ、プリントにお金や時間をかければかけるほど、
その中毒性は増すことを自分でも感じる。

ルールや迷惑、ひどい場合は犯罪まで犯して
「自分だけしか」「人が撮れないもの」「評価されたい」なんて、
「写真」に撮らされているだけで、プロが見ればわかるし、
そんなものに一銭の価値もない。
公開したらしたで「自分は犯罪者」って自白しているようなものだ。

なにより、地球が魅せてくれる無限の絶景に対して、
その感謝と敬いを忘れて、「写真」のためだけに
その領域に踏み入れるような中毒患者には、
シャッターを切る資格なんてない。

哲学の木を思い追い続け、その最後を見守った中西敏貴さんが、
美瑛で最初に連れて行ってくださいました。

くわしくは、中西さんのblogで。


【小澤太一3部作②③】2冊同時写真集ディレクション。

土曜日, 6月 6th, 2015

Print

レソト日和』も一段落して、ほっとしていたら次があった。

レソト日和』でも使ったDreamLabo 5000で印刷する
canon独自の写真集自主制作サービスPhoto Jewelというものがあります。
 
そのPhoto JewelCP+などで展示する見本写真集として、
小澤太一さんの写真集のアートディレクションを2冊のお話!

打ち合わせの結果、過去に開催した写真展の写真集を作ることに決定!
写真展『世界で一番青い空』
写真展『チビッコハウスへようこそ!』

 
面白いことは続きます。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
1冊目は、『世界で一番青い空』。
表紙デザインと本文レイアウト。
 
Photo Jewelは、誰にでもわかる操作性で、
現場でindesignを使って全部やっていると、最初は少々使い勝手が悪いが、
知識ナシでも使える点では、凄く作り込まれていると思います。
慣れればレイアウトの自由性も高く、好印象でした。
 
<表紙>
Print
 
Print
 
表紙は、誰でも作れるデザインを。グラデーションで空をイメージ。
 
<本文をちょこっと>
JEWEL_02022

JEWEL_02024

JEWEL_02025

JEWEL_02028

JEWEL_020211

JEWEL_020218

JEWEL_020219

JEWEL_020221

JEWEL_020222
 
JEWEL_020224
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
2冊目は、『チビッコハウスへようこそ!』。表紙デザイン。
こっちの本文は小澤さんがご自分でディレクション。

<表紙>
Print
 
Print
 
表紙は、『世界で一番青い空』を踏襲しつつ、
丸ゴシック+グラデーションで、チビッコ色に。
 
<本文をちょこっと>
KOZAWA_ちびっ子CANON3

KOZAWA_ちびっ子CANON4

KOZAWA_ちびっ子CANON5

KOZAWA_ちびっ子CANON6

KOZAWA_ちびっ子CANON2

なお、完全限定受注生産で販売させていただきました。
ご購入いただいた方、本当にありがとうございました。

早速CP+のcanonPhoto Jewelブースで発見っ!!
a
 
canonさんで写真集制作中に、
僕が好きな小澤作品の写真パネルをプレゼントしていただきました。素敵♡

10501671_811525555557631_3569621266390604385_n

これで4冊。一冊ずつが最高の4冊。
ナウル日和
レソト日和
『世界で一番青い空』
『チビッコハウスへようこそ!』

IMG_2443

小澤さん、これからも無二の仕事していきましょう!


『漢ちゃんと行く、写真集お買い物ツアー』ワークショップ

火曜日, 5月 19th, 2015

新しいチャレンジが富になります。
ワークショップ『漢ちゃんと行く、写真集お買い物ツアー』。

写真家・小澤太一さんと「面白いことしよーぜ〜」で、
思いついたのが・・
一日東京を回って『写真集』を見ることで
新しい発見と経験をしちゃおうな健康的ワークショップ。

2015/5/16。
希望者が多かったため、レソト日和を購入していただいた方限定で開催させていただきました。
(またやりましょう!)
参加者24人。素敵。
 
<チラシも作った>
Print

<下見もした>
11143183_897447643632088_3102079870940519223_n
アットワンダーは二階で飲める。
 
o0567063613289511654
 
さて・・当日であります。
 
写真集食堂・めぐたまでランチミーティング>
DSCF3048
 
飯沢耕太郎さんが作ったお店で写真集5000冊に見て触れて、
さらにはやさしい玄米ランチ食べながら、ミーティング&おしゃべり。
雨上がる。

IMAコンセプトショップで洋書と最新刊を知る>
DSCF3057のコピー
 
迷いがあれば来る大事なお店。
ここに来て、イマを知り、眼と心を刺激っ!
 
神保町古本屋街で2時間練り歩き>
DSCF3065のコピー
 
小宮山書店ボヘミアン・ギルトかげろうkeizo
ARTイワタマグニフ・・・
メイン企画は、2時間じゃ足りないのである。
そして戦利品が両手になる人もチラホラ・・
 
<代官山・蔦屋書店で括る>
DSCF3074のコピー
 
やはりここの写真集の量と店員さんの知識は半端ないです。
個人的にはセルフレジ横の棚がやばい・・

<最後はたこやきBAR恵比寿 Ku;ruriで品評会。>
15051606
 
絶品たこやきコースに舌鼓しながら、
みんなが買った写真集を皆で品評会。
初めて知る写真集や、レア本を安く掘っちゃう人など、大騒ぎ。
僕が作った本をたまたま買った人もいて感動しました。
(写真=ろびすけさん)

<戦利品>
DSCF3088のコピー
 
「Hilhaven Lodge The Photo Booth Pictures」
写真家の自宅にあるPhoto Boothで撮影した
有名人の証明写真4枚綴りを集めたもの。
showbiz界のプライベートな表情とストーリー。遊び。自分のツボ。
あと今年の木村伊兵衛写真賞・石川竜一さんとか。カシアスさんとか。
いまさらながらどちらも最高の一冊。

いやー、、歩いた。歩いた。笑った。歩きすぎた。飲みまくった。

著名・無名・値段、関係なく、
やはり実際に感じて、開いて、心持って行かれる本が
ずっと心と本棚に残る一冊なんだなと再確認。
最高8冊買った強者も・・いらっしゃいました。

DSCF3072

太一もたくさん、買いました。

またこんな聞いたコトない
「ワークショップ」開けて行けたらなと思っております。
 
ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました♡


【小澤太一3部作①】限定写真集『レソト日和』アートディレクション。

土曜日, 5月 2nd, 2015

Print
 
2014年の写真集『ナウル日和』から始まって、
それ以来、小澤太一さんとは多くのお仕事をさせていただいています。
 
【小澤太一3部作】第一弾は、
小澤太一写真集『レソト日和』アートディレクション。
 
2月の写真展『レソト日和』に向けて、
ジャパンクリエイト様と、キヤノン様ご協力のもと、
DreamLabo 5000の印刷サンプルとしても誰にも負けないように
「一冊の写真集」を作成することに。しかも限定完全事前予約制9,999円。
(でもこれ本当はそれ以上に、、コストが・・なんでもありません。)

この後ろのデカいマシーンがDreamLabo 5000

この後ろのデカいマシーンがDreamLabo 5000


 
DreamLabo 5000とは>
キヤノンが本気の本気を出した最新業務用印刷機です。
 
通常の4色のインクを使った印刷とは違い、
7色の染料インクを用いて2400dpiで印刷されているので、
まさにオリジナルプリントそのままのクオリティ〜。
ビビットカラーもナチュラルに表現可能で、
これまでに難しいとされた黄色の色相の鮮やかな表現も可能だそう。
仕上がりを見て、正直ここまでかとびっくりしました。
 
『レソト日和』印刷クオリティは、
世界最高品質の写真集になっているといっても過言ではないです。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
<写真集レイアウト>
ここはもう太一くんのblogを引用してしまいましょう。
かなり濃い内容になっております。
温泉旅館で写真集

<表紙>
なんでもしていいっていうから・・・可能な限り大判の判型にしました。
驚異の290mmx400mm。でかいよ。でかすぎるよ。本棚入らないよ。
o0567063413217116472
 
なんでもしていいっていうから・・・蛍光を地に刷ってから白箔押し♡
IMG_1688

<本文>
大判の利をいかして、シンプルかつ大胆に。写真を魅せる。
Lesotho3

2

44-45

46-47

64-65

72-73

<販売チラシもハンドメイド>
kozawa_A4_OL-2

<ノベルティー①Tシャツ>
スクリーンショット 2015-05-02 13.11.11
背中は豪華にシリコンインク!
IMG_1692-2

<ノベルティー①ビックリメンシール>
o0567077913253298239
 
<レソト日和写真展DM>
o0567082913153564983
 
<写真展トークショー>
危険!見るな↓
コニカミノルタプラザにて。
  
誰だよ。デザイナーのサイン入れますか? とか発案した写真家は・・・
o0567037813253234292

o0567056713253234295

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

事前にHPやblogでチラ見せしての
ネット販売はいたしませんでした。

それは、レソト日和写真展やCP+などで、
実際に会場で手にとって、驚き、所有したくなってから、
買っていただきたかったからです。

近年にはあまり見ない価格ながら、
ご購入していただいたたくさんの皆様、心より感謝です。
本当にありがとうございました。

 
今後、再販する予定も今のところありません。ご了承ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
キヤノンの越山さん、ほんとうにほんとうに新しい経験と深いお話、
そして、皆で作り上げる文化祭なお仕事をありがとうございました。
↓↓↓2人の態度をみていただければ、
どれほど越山さんに感謝しているか、伝わっていると確信しております。

o0567037813253298237
 
 

ジャパンクリエイトの星野さん(左)、本間女史。
書き切れない数々の無茶ぶりを、あらゆる角度から可能性を探っていただき、
何から何まで願いを叶えてくれた「神様」「女神」のお二人♡
ハナから「無理だ」な世の中で出会えた、素晴らしい会社でした。
またお仕事しましょう! 本当にありがとうございました!
o0567056713253299846
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
ジャパンクリエイトでは、
このDream Labo5000を導入し、一般の人でも作りやすい、
一冊から作れる写真集製作サービスを展開しています。
ご興味がある方はこちらから。  
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
そして、たいちゃん。
今回もオモロイ仕事をご一緒させていただき本当にありがとう。
予想していた3倍近くご購入いただいたのではないでしょうか。さすがですっ!
 
まだまだ、niwanoniwaは道の途上だけど、
最大限のちょっと上まで、ご一緒する気満々なので、
これからもよろしくです。
誰にも真似できないオモロイことしましょう。

o0567048813215647842

続く。
 
150321-2-02


ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031