Archive for 7月, 2011

芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代

木曜日, 7月 28th, 2011
Share on Facebook

 
芸術家たちの秘めた恋 ―メンデルスゾーン、アンデルセンとその時代の
装訂と本文レイアウトをやらせていただきました。
 
 
 
『メンデルスゾーンとアンデルセン』(さえら書房)の文庫版ということで
装訂・本文レイアウトを一新することに。

著者は、 大好きな中野京子さん。
 
中野さんの装訂は、ミステリアスで特徴的なものばかり。
「怖い絵」はとても有名ですよね。

中野京子さんテイストにはこの写真しかない!ということで
メンデルスゾーンの肖像画で即決。
 
結果、内容とも合致したミステリアス装訂になりました。
人を想うことは、人の一番の楽しみかもしれません。
評判も上々です。
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 
 
結婚式で必ず流れる“あの曲”はこうしてつくられた
名作に隠された真実に迫る傑作評伝

 
19世紀前半、ロマン主義全盛の時代を生きた作曲家メンデルスゾーンと作家アンデルセン。
生まれも容貌もまるで正反対の二人を結びつけたのは、奇跡の声を持つ歌姫だった。
三者三様の想いを胸に秘め、創作活動に没頭する彼らを待ち受ける過酷な運命とは……。
『結婚行進曲』や『醜いあひるの子』など、
不朽の名作を生み出した芸術家たちの知られざる一面に、『怖い絵』シリーズの著者が迫る。
  
試し読みはこちらから。
  
■出版社:集英社
■ISBNコード:978-4-08-746721-5
■判型/総ページ数:文庫判/224ページ
■定価:500円(税込)
■発売年月日: 2011年7月20日
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

集英社 飛鳥壮太さま
いつもお世話になっております。
『科学の扉をノックする』に引き続き、ありがとうございました。
いい意味でクセのある本をこれからも作っていきましょう。
今後ともよろしくお願いいたします。
 
amazonはこちらから
  
 
 

Share on Facebook

インフォグラフィクス「原発」(岩波書店)

水曜日, 7月 6th, 2011
Share on Facebook


 
 
インフォグラフィクス「原発」 
放射性廃棄物と隠れた原子爆弾(岩波書店
エステル・ゴンスターラ著/今泉みね子訳
の日本語レイアウトをさせていただきました。

今年の2月から出ていた企画に
あの東日本大震災が重なりました。

核に揺れているのは日本だけではありません。
いま、世界と「核」に何が起きているのか、

子供でもわかるインフォグラフィクスで見せることで
その重大さが目に飛び込んできます。

一度本屋さんで探してみてください。

【最も美しいドイツの本2009受賞】をしたこの本には
僕らが知らない「原発の今」がここに詰まっています。
ぜひ、ご家族や友達、子供達に読ませて欲しい1冊です。
 

原子力発電所が世界にどれくらいあるのか知っていますか?


 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
いつ収束するのか、影響がどこまで広がるのか、
まだ誰にもわからない福島第一原発の事故。
 
日本のどこにいくつの原子力発電所があり、
その廃棄物問題がどんな状態にあるのかについては、
事故前に比べるとかなり認知度が上がったように思います。

しかし世界に目を向けると、どうでしょうか。
ドイツやスイスでは脱原発を決定したこと、
イタリアでは原発再開を凍結したこと、
フランスが世界一の原発依存国であることなど、
各国の情勢も少しずつ伝えられていますが、
まとまった情報が得られる機会は少ないようです。
 
世界にいくつの原発があるのか。それはどこにあるのか。
核廃棄物はどこに捨てられるのか。その輸送ルートは。
チェルノブイリ事故の本当の被害者数。過去の核実験の詳細と場所。
 
本書は、原子力と廃棄物をめぐる世界各国の過去と現在を、
さまざまな事実とデータにもとづいて、
美しく印象的なグラフィックで表現しています。
これからの原子力とのつきあい方を考えるきっかけとして、
ぜひご覧ください。(編集部)
   

核兵器保有国って全部知っていますか?(世界地図を炉のアイコンと色で可視化)


 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

著者/エステル・ゴンスターラ
ドイツで放射性廃棄物の処分場として使用されているアッセ,将来の処分場として準備中のコンラッドに近い村で育つ.2008年よりブックデザイナーとして活動.2009年7月にミュンスター大学で卒業制作として本書を作成.

訳者 /今泉みね子(いまいずみ みねこ)
環境問題ジャーナリスト,翻訳家.国際基督教大学教養学部自然科学科卒.現在,フライブルク市在住.著書に『クルマのない生活――フライブルクより愛を込めて』(白水社),『ドイツ発、環境最新事情』(中央法規出版),訳書に『ソーラー地球経済』,『巣をつくる あなをほる 虫の子育て』,『野をわたる 風にのる 植物のたび』(以上,岩波書店),『オオカミと生きる』など.

大型本: 120ページ
出版社: 岩波書店 (2011/6/25)
ISBN-10: 4000053221
ISBN-13: 978-4000053228
発売日: 2011/6/25
商品の寸法: 29.2 x 21.2 x 0.8 cm
   
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
岩波書店
E・Sさま

今回は、このような時事の本を担当させていただき
ご一緒に仕事をできたことを光栄に思います。

この本を読むことによって
人の意識が変わっていくと信じています。
現に僕も変わりました。

本の作り手として、残る1冊になりました。
めったにできない経験をありがとうございました!!

追加された東日本大震災に関するページ


amazonはこちらから
 

Share on Facebook

Nature Photo Aid 2011復興支援チャリティーパーティー開催

月曜日, 7月 4th, 2011
Share on Facebook

Nature Photo Aid 2011の3日目(7/2)後、新宿オペラシティーにて
東日本大震災復興支援チャリティーパーティーを開催いたしました。

「写真家しかできないこと、写真家だからできること」とは
ただ写真を提供して終わりではなく、
自分たちの中にその作業や過程を発酵させることによって湧いてくる力だと思います。

その力や気持ちを、強く伝えて行きたい想いで
今回8人の写真家が立ち上がりました。

当日は、200名の方々から多大なる応援、ご支援やお話、
写真家8人によるレアものオークション等など……

一日で50万円以上の多額な義援金を集めることができました。
ご支援、ご協力をいただきました皆さまに、あらためて深く御礼を申し上げます。

 義援金情報ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【6月30日義援金総額】177,138円
【7月01日義援金総額】137,800円  累計314,938円
【7月02日義援金総額】523,717円  累計838,655円
【7月03日は休廊です】
【7月04日義援金総額】84,200円  累計922,855円
【7月05日義援金総額】132,100円  累計1,054,955円
【7月06日義援金総額】151,582円 累計1,206,537円(すごい結果だ。)
 

即日振り込みました!! 日本赤十字社 振込明細票


 
 
以下、メンバーの深澤武さん撮影の写真展およびパーティーの様子です。

(左から)岡嶋和幸さん・秦達夫さん・清水哲朗さん・深澤武さん・前川貴行さん・米美知子さん


裏側を支えるスーパー進行マネージャー朝山まり子さん(右)切り盛り半端ないっす。


ギャラリーには常に多くのお客様!!


福田健太郎さん(左)はこう言っています。「すべて自分たちでやるっ!!」


メンバーも7/2は全員参加。土屋義勝さんもずっといてくださった!!!


新宿オペラシティーでパーティースタート。さすがの岡嶋さん、司会者でも巨匠になれます


一度きりではなく、長く続けていくことに意味があると、発起人の菊池哲男さん。


全展示写真の背景を1枚1枚真剣に語っていただきました。


有名ブランドのコラボ商品など豪華でレアなオークションは大盛況。


購入金額は全額、義援金として寄付させていただきます。


撮る側の写し屋が写され屋になっていました。


最後はやっぱりスペシャルゲスト土屋勝義さんで締め!!

会期は7月6日まで!!
よろしくお願いいたします!!!

 
 

 
★参加メンバー
岡嶋和幸菊池哲男清水哲朗秦 達夫
深澤 武福田健太郎前川貴行米 美知子
編集:朝山 まり子(GREENHANDS
アートディレクション:三村漢(niwa no niwa

スペシャルゲストの土屋勝義さん

★チラシPDFダウンロードはこちらから
 

8人のサインをコンプリート!!

最終日終廊後に簡単に打ち上げをしました

Share on Facebook

Nature Photo Aid 2011「未来への光」 

金曜日, 7月 1st, 2011
Share on Facebook


 
 
アートディレクションさせていただいた
写真家8人による東日本大震災復興支援チャリティー写真展
Nature Photo Aid 2011「未来への光」 が6/30に無事、初日を迎えました。

Nature Photo Aid 2011では
ポストカードの購入代金は全額義援金として寄付するという形で
義援金を募っております。

義援金情報ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【6月30日義援金総額】177,138円
【7月01日義援金総額】137,800円  累計314,938円
【7月02日義援金総額】523,717円  累計838,655円
【7月03日は休廊です】
【7月04日義援金総額】84,200円  累計922,855円
【7月05日義援金総額】132,100円  累計1,054,955円
【7月06日義援金総額】151,582円 累計1,206,537円(すごい結果!!)

これだけのメンバーの方々が揃ったとはいえ、
予想を超える額に一同驚いております。
 
 

7/6まで、新宿御苑駅すぐのフォトギャラリーキタムラで開催しております。
※日曜日は休廊ですので、ご注意ください。

下の「写真家在廊表」を参考の上、ぜひぜひお立ち寄りください。入場無料です。
暑さも吹き飛ぶグッとくる作品がところ狭しと並んでおりますよ。
 

在廊表


 

◎ポストカードデザイン(著作権保護のため、niwaロゴをのせております)

 

◎会場パネルデザイン

 

◎チラシデザイン

 
★参加メンバー
岡嶋和幸菊池哲男清水哲朗秦 達夫
深澤 武福田健太郎前川貴行米 美知子
編集:朝山 まり子(GREENHANDS
アートディレクション:三村漢(niwa no niwa

 
 

Share on Facebook

ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2011年7月
« 6月   8月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031