Archive for 5月, 2014

「蹴る群れ」木村元彦(集英社文庫)

土曜日, 5月 24th, 2014


 
 
「蹴る群れ」著=木村元彦(集英社文庫)の装丁をさせていただきました。
 
オシムの言葉」で有名な木村元彦さんですが、
この視点と取材力、サッカーの本質を突き詰めて、読者に蹴ってきます。
スポーツとしてのサッカーと、国、歴史や戦争、人と人の間としてのサッカー。

そんな木村さんでしか書けなかった伝説の1冊を
文庫化するにあたり、お手伝いさせていだきました。
 
こちらが、2007年刊行の単行本。(もうほとんど手に入りません)

 
文庫化にあたって、エディン・ジェコの
ボスニア内戦にまつわるインタビューを追加しました。

見よ。この木村さんしか書けない内容。
W杯前の1冊ですっ!
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
もくじ
第1部 歴史から蹴り出せ
序 サッカーという修辞学
第1話 イラク代表随行記 – ホームは遥か1000キロ、イラクの夢
第2話 イルハン・マンスズ – ドイツのトルコ移民
第3話 ルディ・バタ – アルバニア恐怖政治かわの疾走
第4話 ヨアン・アンドネ – 独裁者には”ケツ”を見せろ
第5話 イワン・ハシェック – ビロード革命と14個のサッカーボール
第6話 オズワルド・アルディレス – フォークランドなんかくれてやる!
第7話 デヤン・サビチェビッチ – 連邦か、独立か。迫られたドリブラー
第8話 アドナン・シャルキ – 中東のオシムは笑う
第9話 エディン・ジェコ – ボスニア内戦に生まれたダイヤモンド

第2部 日本サッカー稗史
序 今こそ『稗史』を
第10話 小幡忠義 – 東北サッカーの逆襲
第11話 リンダ・メダレンとその時代 – 世界最強リーグが存在した
第12話 金明植 – 在日朝鮮サッカーの源流、枝川をゆく

第3部 守護神を見ろ
序 ゴールこそはサッカーの祝祭
第13話 土田尚史と田北雄気 – 俺を使え! アイ アム レッズ
第14話 ハンス・チルコフスキ – ドイツの記憶。1億1回目の質問
第15話 トミスラヴ・イヴコビッチ – ユーゴ最後の代表キーパー
第16話 リュシュトゥ・レチベル – 震災地トルコの優しき鬼神
第17話 ハンス・フォンク – 南アフリカで白人がキーパーをするということ
第18話 村岡博人 – 守護神は回顧する。戦後初代代表GKの追ったニッポン

あとがき
解説 高野秀行

ーーーーーーーーーーーーーーー
 

 
また木村さんにいただいた表紙候補の写真が熱い!暑い!
 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
文庫: 429ページ
出版社: 集英社 (2014/5/20)
ISBN-10: 408745195X
ISBN-13: 978-4087451955
発売日: 2014/5/20
商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
 
amazonはこちらから
  
ーーーーーーーーーーーーーーー

勝つぞ!ニッポン!!
 
ありがとうございました!
 
 


「球童 伊良部秀輝伝」田崎健太(講談社)

火曜日, 5月 13th, 2014

祝!2014年度ミズノスポーツライター賞 銀賞受賞!!


 
「球童 伊良部秀輝伝」田崎健太(講談社)の装丁・本文デザイン。
 
ロッテ〜NYヤンキース〜阪神タイガース等の輝かしい経歴をもちながら
42歳、ロサンゼルスの自宅で自ら命を絶った球童・伊良部秀輝。
 
誰も知ることの無かった壮絶な人生の裏側を、
死の直前に本人にロングインタビューをした田崎健太さんが
彼が歩いた長い旅の道のりをなぞりながら訪ね、
そのすべて、それ以上を書き切りました。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
2014/5/15にシゴトバー
著者=田崎健太、写真=岸本勉、編集者=吉田仁、装丁=三村漢
飲みながらおしゃべりするので遊びに来てね。

住所 東京都港区愛宕1-2-1 (最寄り駅:銀座線 虎ノ門・日比谷線 神谷町駅)
営業時間 19:00〜23:00(wifi・電源あり。)
参加費:2000円(「球童 伊良部秀輝伝」と1ドリンク付き)
詳細なアクセスなどはリトルトーキョーのホームページをご覧ください。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
まずは見て下さい。このふてぶてしさ。これが伊良部だ。
満場一致でこの写真で行くことに!
(写真:西山和明)転載不可

 
<カバー>

 
<タイトル文字>
「偶然完全 勝新太郎伝」田崎健太著と同様、
niwanoniwa所有の石井活字をベースに組み立て、
あの清原に「伊良部のストレートが一番速かった」と言わせた
ストレート勝負してみました。

【問題】「球」と「童」はどこにあるでしょうか?
 

 
<帯>投げた、打たれた、揉めた、怒った、殴った←名キャッチ。

 
<トビラ>(元写真:西山和明)
シルエットもなかなかかっこいいっす。

<表紙>

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
単行本: 330ページ
出版社: 講談社 (2014/5/10)
言語: 日本語
ISBN-10: 4062188945
ISBN-13: 978-4062188944
発売日: 2014/5/10

amazonは、こちらから
 

<内容紹介>
2011年7月、伊良部秀輝はロサンゼルスの自宅で自ら命を絶った。享年42。
日米両国の野球界で活躍した右腕が残した成績は106勝104敗に過ぎない。しかし、その数字では語ることができない記憶に残る投手だった。158キロの日本球界最速記録達成、大リーグ移籍をめぐる大騒動、アジア人初のチャンピオンリング獲得(ワールドシリーズ制覇)、2度の逮捕歴、複雑な家庭環境、突然の死・・。
沖縄県コザ(現在の沖縄市)に生まれた伊良部は、尼崎で少年時代を過ごし、野球の才能を認められ、香川尽誠学園にスカウトされる。87年のドラフト会議でロッテに1位指名を受けて入団。94年には最多勝、最多奪三振のタイトルを獲得し、その実績を引っさげヤンキース入り、98年にはチームの世界一に貢献した。2003年には日本球界復帰、阪神タイガース入りしてチームをリーグ優勝に導く。05年に一度は引退し、ロサンゼルスでうどん屋経営に乗り出すが、09年から米独立リーグ、四国・九州アイランドリーグで再びプレーする。そして10年1月に引退を表明した。
伊良部は、多くの人とぶつかり、誤解されながらも、野球を深く愛し、活躍の場、自分を認めてくれる場を求め続けた。それはコザ、尼崎、善通寺、千葉、ロス、ニューヨーク、大阪、高知と、日米各地をめぐる長い旅でもあった。
死の直前に伊良部本人にロングインタビューをした著者は、伊良部秀輝の歩いた日米の土地を歩き、知人たち、さらにはメディアの取材に登場したことがない実父を訪ねる。いままで誰も知らなかった「伊良部秀輝」の姿が、ここにある。

<著者について>
田崎 健太 (たざき・けんた)
1968年3月13日、京都生まれ。ノンフィクション作家。早稲田大学法学部卒業後、小学館に入社。『週刊ポスト』編集部などで活躍後、1999年に退社。著書に『cuba ユーウツな楽園』(アミューズブックス)、『此処ではない何処かへ 広山望の挑戦』(幻冬舎)、『ジーコジャパン11のブラジル流方程式』(講談社プラスα文庫)、『W杯ビジネス30年戦争』(新潮社)、『楽天が巨人に勝つ日ースポーツビジネス下克上ー』(学研新書)、『W杯に群がる男たちー巨大サッカービジネスの闇ー』(新潮文庫)、『辺境遊記』(絵・下田昌克、英治出版)、『偶然完全 勝新太郎伝』(講談社)、『維新漂流 中田宏は何を見たのか』(集英社インターナショナル)、『ザ・キングファーザー』(カンゼン)がある。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
<スタンプ>
トークショーの時など買っていただいた方用にスタンプも作ってみました。

 
読み出すと止まらない右肩あがりの引き込み力。
田崎さんの文章、さすがでございます。
伊良部を知る人や野球人、いや全く知らない人でも
ある日本人の漢の生き様を知って欲しいです。

ありがとうございました。
 
amazonは、こちらから
 


「MONSTERZ」渡辺雄介(集英社)

火曜日, 5月 13th, 2014

映画MONSTERZの原作の「MONSTERZ」渡辺雄介(集英社)の
装丁と帯デザインを担当させていただきました。

映画宣材がメインなので、なにもしていないかと思いきや、
結構、装丁用に画像いじらせてもらいました。

渡辺雄介さんは、連続ドラマ「ブラッディ・マンデイ」や映画「GANTZ」2部作を執筆した脚本家さんです。

<カバー>
山田孝之さん、一番グッとくる俳優。
藤原竜也さんの眼と声好きだなあ。
そして石原さとみちゃん、最近可愛すぎる♡

<帯>

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

文庫: 320ページ
出版社: 集英社 (2014/4/18)
言語: 日本語
ISBN-10: 4087451798
ISBN-13: 978-4087451795
発売日: 2014/4/18

amazonはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

<映画内容>
その男には、幼い頃から不思議な力があった。男が見つめるだけで、すべての人間を操る事ができるのだ。母親に暴力を振るう父親を操って自殺させた男は、母親からも疎まれ、一人で生きてきた。しかしある日、どんなに操ろうとしても操れない男・田中終一と出会う。田中は殺しても死なず、怪我もすぐに治る特異体質の持ち主。男は田中を殺そうと、彼が務めるギター店を襲い、店主の娘・叶絵や友人たちを操って殺そうとするが…。

監督:中田秀夫
脚本:渡辺雄介
主演:藤原竜也/山田孝之/石原さとみ/田口トモロヲ/
落合モトキ/太賀/三浦誠己/藤井美菜/松重豊/木村多江


野口健写真展「野口健が見た世界」アートディレクション

金曜日, 5月 9th, 2014


©野口健

野口健写真展「野口健が見た世界」の構成・アートディレクションを担当させていただきました。

写真集「野口健が見た世界 INTO the WORLD」(集英社インターナショナル)から早10ヵ月。
写真展のお話があり、声をかけていただきました。

野口さんの事務所にて膨大な写真をひろげ、
その背景と思いを一つずつ汲み取ってストーリーを組み立てていきます。

素晴らしい写真群から40枚!だけって、泣く泣く落選させる作業。
野口さんの気持ちになって、見る人の気持ちになって。
それを納得するまで繰り返していきます。

パネルのサイズを頭で構成しながら、発注作業。
度重なる色校正を富士フイルムの稲葉さんとさせていただき、
あとは現場で最終判断。
 

大きいパネルで出てくると、もっといい組み合わせや並びが生まれてくる。
高さは? 暗さは? この並びはどうかな? やっぱり戻そう・・
野口さんと相談しながら、最上のレイアウトに着地させる。
最後にライトを当て込んで、写真の見せ場を引き立てる。
 
うん。よくできました。写真展ディレクション、最高に面白いなあ。
 

オリンパスのみなさんと♡


 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
野口健写真展「野口健が見た世界」開催中です。
ぜひ、お立ち寄りください。
オリンパスギャラリー東京
日時 2014年5月7日(水)~5月14日(水)
午前10時から午後6時まで 最終日は午後3時まで
日曜・祝日は休館
アクセスはこちら

オリンパスギャラリー大阪
日時 2014年5月22日(木)~5月28日(水)
午前10時から午後6時まで 最終日は午後3時まで
日曜・祝日は休館
アクセスはこちら
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
5/7
オープニングレセプション。
いきなりトークショーに指名され・・
いやはや、「寡黙なアルピニスト」野口さんのおしゃべりには頭が下がります。
あんなにしゃべれたらなあ。


ありがとうございました。

大阪展も展示ディレクションさせていただきます!
よろしくお願いします。


ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2014年5月
« 3月   6月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031