Posts Tagged ‘other’

哲学の木。

日曜日, 3月 20th, 2016
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

_DSF2896のコピー

風景写真には中毒性がある。
カメラやレンズ、プリントにお金や時間をかければかけるほど、
その中毒性は増すことを自分でも感じる。

ルールや迷惑、ひどい場合は犯罪まで犯して
「自分だけしか」「人が撮れないもの」「評価されたい」なんて、
「写真」に撮らされているだけで、プロが見ればわかるし、
そんなものに一銭の価値もない。
公開したらしたで「自分は犯罪者」って自白しているようなものだ。

なにより、地球が魅せてくれる無限の絶景に対して、
その感謝と敬いを忘れて、「写真」のためだけに
その領域に踏み入れるような中毒患者には、
シャッターを切る資格なんてない。

哲学の木を思い追い続け、その最後を見守った中西敏貴さんが、
美瑛で最初に連れて行ってくださいました。

くわしくは、中西さんのblogで。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

椙山女学園大学特別授業「装う物語 装丁という仕事」

木曜日, 12月 24th, 2015
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

12348068_1006786176031567_6733606187708371412_n

12月17日、椙山女学園大学に呼んでいただき
特別授業「装う物語 装丁という仕事」の講義をさせていただきました。
記事はこちらから。

151217soutei-thumb-363xauto-10745のコピー
 
とても多くの生徒さんたちにご参加いただき、
驚いたのは、「興味がある」というよりは
「実際、装丁家やグラフィックデザイナーになりたい」生徒さんが多く、
独立する過程や、現場についての質問、裏話など、
こちらもマニアック全力でお応えさせていただきました。
 
講義後に一部の生徒さんたちとお食事にいきました。

仕事をして一番印象的だった言葉を聞かれ、
鷹匠の松原英俊がおっしゃっていた、
「狂気にも似た一途な想いを胸に抱いて生きろ」と答えました。

彼女達の未来もこの一言だとおもいます。

また呼んでいただけるように精進いたします。
ありがとうございました。

12348068_1006786176031567_6733606187708371412_n
こんなにかっこいいフライヤーを生徒さん達が作って迎えてくれました。涙・・

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

『漢ちゃんと行く、写真集お買い物ツアー』ワークショップ

火曜日, 5月 19th, 2015
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

新しいチャレンジが富になります。
ワークショップ『漢ちゃんと行く、写真集お買い物ツアー』。

写真家・小澤太一さんと「面白いことしよーぜ〜」で、
思いついたのが・・
一日東京を回って『写真集』を見ることで
新しい発見と経験をしちゃおうな健康的ワークショップ。

2015/5/16。
希望者が多かったため、レソト日和を購入していただいた方限定で開催させていただきました。
(またやりましょう!)
参加者24人。素敵。
 
<チラシも作った>
Print

<下見もした>
11143183_897447643632088_3102079870940519223_n
アットワンダーは二階で飲める。
 
o0567063613289511654
 
さて・・当日であります。
 
写真集食堂・めぐたまでランチミーティング>
DSCF3048
 
飯沢耕太郎さんが作ったお店で写真集5000冊に見て触れて、
さらにはやさしい玄米ランチ食べながら、ミーティング&おしゃべり。
雨上がる。

IMAコンセプトショップで洋書と最新刊を知る>
DSCF3057のコピー
 
迷いがあれば来る大事なお店。
ここに来て、イマを知り、眼と心を刺激っ!
 
神保町古本屋街で2時間練り歩き>
DSCF3065のコピー
 
小宮山書店ボヘミアン・ギルトかげろうkeizo
ARTイワタマグニフ・・・
メイン企画は、2時間じゃ足りないのである。
そして戦利品が両手になる人もチラホラ・・
 
<代官山・蔦屋書店で括る>
DSCF3074のコピー
 
やはりここの写真集の量と店員さんの知識は半端ないです。
個人的にはセルフレジ横の棚がやばい・・

<最後はたこやきBAR恵比寿 Ku;ruriで品評会。>
15051606
 
絶品たこやきコースに舌鼓しながら、
みんなが買った写真集を皆で品評会。
初めて知る写真集や、レア本を安く掘っちゃう人など、大騒ぎ。
僕が作った本をたまたま買った人もいて感動しました。
(写真=ろびすけさん)

<戦利品>
DSCF3088のコピー
 
「Hilhaven Lodge The Photo Booth Pictures」
写真家の自宅にあるPhoto Boothで撮影した
有名人の証明写真4枚綴りを集めたもの。
showbiz界のプライベートな表情とストーリー。遊び。自分のツボ。
あと今年の木村伊兵衛写真賞・石川竜一さんとか。カシアスさんとか。
いまさらながらどちらも最高の一冊。

いやー、、歩いた。歩いた。笑った。歩きすぎた。飲みまくった。

著名・無名・値段、関係なく、
やはり実際に感じて、開いて、心持って行かれる本が
ずっと心と本棚に残る一冊なんだなと再確認。
最高8冊買った強者も・・いらっしゃいました。

DSCF3072

太一もたくさん、買いました。

またこんな聞いたコトない
「ワークショップ」開けて行けたらなと思っております。
 
ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました♡

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

こどものコピーりょく。

日曜日, 3月 24th, 2013
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

「うれしくてこころを(おちつかせて)あたたかくするばしょ」

時に子供は名言や至高のコピーを放つ。
発見ばかりの日常がそのまま心になり、心が言葉になる。
だから言葉が生きている。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

ぼくらはやり直せる。

木曜日, 4月 21st, 2011
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

欠けてるから満ちる月と、一緒に呼吸する海と、最初は泣いて出てきた僕たちと。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

花見

水曜日, 4月 13th, 2011
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

桜から始めたっていいじゃん。日本人なんだから。
 

三ツ沢公園でチェリービールとデート


 
 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

深呼吸の必要

金曜日, 4月 8th, 2011
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

情報と力と経済と多情多恨。
溢れて溺れそうになれば、深呼吸の必要。
あの場所に心を帰す。

沈むだけ沈めて、また昇ればよし。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

【祝】 山下リサ HAPPY BIRTHDAY!!

火曜日, 5月 25th, 2010
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

我がniwa no niwaのアートディレクター山下リサが
2010/5/24に誕生日を迎えました。
 

   
ケーキはというと、
niwanoniwa新事務所と併設して2010/9にオープンする
ヴィーガンマフィン屋「七曜日」オーナーnana氏の力作
豆腐クリームのベリーケーキ!! 激おいしかったです。
nana様、僕はメニュー化希望です。

 

激動の去年、今年、来年、10年後、そしていつまでも、
悠々として突っ走ってください。
 

おめでとう。リサちゃん。
 
 
 
 

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

閑を得る

月曜日, 1月 25th, 2010
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

 
DSC_0431
 
森々
深々
閑を得る

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

不死山富士鳥

火曜日, 11月 3rd, 2009
Facebook にシェア
[`evernote` not found]

不死山富士鳥

不死山富士鳥


 
 

富士山頂上で日の出直前に見た雲と星の一瞬。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2018年8月
« 3月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031