Posts Tagged ‘Special Thanks to…’

【2016/01−2017/02までの写真集の仕事】

月曜日, 2月 27th, 2017

2017御苗場に登壇する際に2016年以降の写真集の仕事をまとめてみました。

左上から
「LUMIX GX7markⅡプレミアムPHOTOBOOK」
ハービー山口x相原正明x HARUKI Panasonic 2016/04
「Solitude NYC」熊切大輔2016/09
「2017RICOHカレンダー」 中西敏貴 リコー株式会社 2017/01
「ORDINARY」中西敏貴 風景写真出版 2016/01
「ヒマラヤに捧ぐ」野口健 集英社 2016/02
「築地ラビリンス」土屋勝義・新納翔 ふげん社 2016/12
「NewZealand」秦達夫 キヤノンxオノウエ印刷 2017/02
「のはら」林幸恵 風景写真出版 2016/08
「キッチュ a GO!! GO!! 浪花♡編」若子jet リベロアルテ 2016/07
「アルプス星夜」菊池哲男 山と溪谷社 2016/08 
「NewType」清水哲朗 日本カメラ社 2016/01
「沖縄・八重山諸島」深澤武 青菁社 2016/01
「Design」中西敏貴 キヤノン株式会社 2017/02
「シマエナガちゃん」小原玲 講談社 2016/11
「47 サトタビ」佐藤尚 風景写真出版 2017/02
「Don Det」小澤太一 2016/09
「東寺の四季」山田久美夫  Panasonic 2016/11
「京都 花鳥風月」水野克比古・水野秀比古 日本写真企画 2016/03
「21」写真家:藤里一郎 女優:鎌滝えり 2016/04
「山梨県早川町 日本一小さな町の写真館」鹿野貴司 平凡社 2016/09
「THE SHOW GIRLS」yOU 2017/02

写真家の真横に寄り添って、
友達のようにあーでもないこーでもないいいながら、
内面を汲み取り、思い入れをあるときは捨てて貰い
ストーリーを編み上げるのが僕の仕事です。

お仕事をくださった写真家・関係者の皆様
ありがとうございました。


「最初に作った写真集は何ですか?」

日曜日, 2月 12th, 2017

先日受けたインタビューで
「自身で最初に作った写真集は何ですか?」と聞かれ、
調べてみたら、2008年に写真家・外山ひとみさんと作った
世界最大写真集『Women of Vietnam』だった。


 

 
1冊の大きさがタテ4m×ヨコ3mにして26ページ。
見開くと6mという巨大サイズにして、重さ200キロ、
台座を含めると総重量が1トン!
ギネス認定!

外山さん。10年前、なんであのとき、
僕にこんな大仕事をご一緒させてくれたかは聞けなかったけど、
この一冊がきっかけであり、スタートだったって胸を張れる仕事を
今も続けております。

あの刑務所の写真たち、どうするんすか? 
そもそも、そっちにも刑務所はあるんですか?
写真そろそろ貯まったんじゃないんすか? 

またいずれ「大きい」写真集作れるように、腕あげておきますね。
それまで、今まで通り、奔放で煌々とした旅を続けていてください。
 

 
ーーーーーーーーーーーーーーー
 
Guinness World Records /世界最大写真集をベトナムで製作
1ページ=タテ4m×ヨコ3m, 26ページ, 53作品掲載

☆TITLE『Women of Vietnam』
●Photographer & Art Directer:外山ひとみ(Hitomi Toyama)
●Production:Canon Singapore Pte.Ltd Vietnam Representative Offices
●Framing Coordinator:高橋聡(フレームマン)
●Designer:三村漢
●Art Coordinator:DO QUOC TRUNG(TVAdv.comCo;Ltd)
●Camera:EOS-1DsMARKⅡ,1DS,5D,1N,5,F-1,T-90 (銀塩からデジタルまで3世代の機材を使用)
●Printer:Canon Large Format/iPF9000(60inch)


椙山女学園 講演

木曜日, 12月 31st, 2009

 
niwanoniwaは2009年12月7日に
名古屋にある椙山女学園大学
デザインと出版について、講義させていただきました。
 
091207seminar 054
 
  
 
題名は「廻り道ノススメ」
 
◉目先の就職活動や会社に入ることがすべてではない。
◉日常のあらゆることにアンテナをはって、受信する。
◉ネットやメールが飛び交う中で
   面と向かって、人に会い、話すことがいかに大切であるか。
◉今後の社会に必要で不足することは、コミュニケーション能力である。
◉とにかく、旅をして、遊べ。
◉アナログな回り道こそ「仕事」だ!

ということを就職最前線の大学生達に伝えてきました。
 
 

装丁や写真集のディレクションは恋愛に近い

装丁や写真集のディレクションは恋愛に近い


恋愛のように一冊ごとに異なる思い入れがある

恋愛のように一冊ごとに異なる思い入れがある


二人のぶつかりあいも、発酵の一つ

二人のぶつかりあいも、発酵の一つ

  
当日は、大学生だけではなく、
教授の方々にも多数お越しいただき、とても感謝しております。
 
途中で開高健さんの出版人マグナカルタ九章
題材にさせていただきました。
本当にすべてが凝縮された九章だと改めて実感しました。

出版人マグナカルタ九章

出版人マグナカルタ九章


 
niwanoniwaの編集者、突然の田村知子もサプライズ参加

niwanoniwaの編集者、田村知子も突然のサプライズ参加


質疑応答はこっちも勉強になる

質疑応答はこっちも勉強になる

 
時間内に、簡潔にシンプルに相手に伝えることが、
いかに難しいかをヒシヒシと感じました。
 
 
また、スライドの下準備の作業工程において
自分たちがしてきたことや、これからするべきことを見えてきて
今年一年を振り返る上で、とても有意義で貴重な時間となりました。

 
私達を呼んでいただいた椙山女学園大学 堀田あけみ準教授をはじめ
椙山女学園大学のみなさま
ありがとうございました。
  

堀田あけみ先生ありがとうございました

堀田あけみ先生ありがとうございました


  
山下リサ
三村漢


もっと遠く! もっと広く!

金曜日, 11月 13th, 2009

 

秀英明朝エロス

秀英明朝エロス

 
 
 
もっと遠く! もっと広く! の
中吊り広告が凄かった。
 
1983年11月のことである。

当時はこんなエネルギーがぴゅんぴゅん溢れていた。
 
2009年、ほとんどのエディトリアルデザインは
完成図が画面で視認できる。
 
視覚で仕事をしている気がしてくる。
 
デザイナ−も、出版社も、編集者も、著者までもが
すぐ修正できると思ってるし、実際にできてしまう。
 
水族館の魚のように、緊張感が格段に薄い。
 
  
最近までだ。
「見えない」作業に、赤い血が通っていた。
 

真っ黒なカーテンの向こう側を透視するように 
 
脳内でガツガツ写真と文字を組み立てて、
 
紙に線を引く、その上に赤字で指定を書く、
 
ポジはダーマトで、タイトルは暗室で紙焼きに…
  
それでもまだ完成図は確認できない。
 
関わる全員が共通意識を背負って、
「ひとつ」を脳で作り上げる。
  
 印刷所から初校が来て、初めて我が子と対峙する。
 
一発勝負の緊迫とキラメキと喜びのエネルギーが
全員のそこには存在していた。
 
 
 
視覚は、入り口でしかない。
 
脳みそを越えるツールなんてない。
 
便利になった分だけ、使い倒せ。
便利になった分だけ、面倒くさく。
便利になった分だけ、振りまわせ。

そして、俺が生きた記憶を
ここに標そう。
 
 もっと遠く! もっと広く!

 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

11/6、30歳最後の夜に、
渋谷にniwaメンバーで
ドキュメンタリー「へんりっく 寺山修司の弟」を観に行った。
並んでもらった整理券は「30」と「31」

_1045342

 
その1時間後、31歳になった。
 
 
 
さて、この1年が
人生でどんなに深い深い1年だったか孫に語れるように
悠々として急ぎましょうか、開高さん。


Special Thanks!!!

金曜日, 4月 24th, 2009


なんやかんや始める前に、
niwa no niwaを起ち上げる上で
最大限の力を私たちに貸してくれた2人に
最大限の感謝をさせてください。


まず1人目は、


多忙も多忙の中、
大半の作品撮影を手がけてくれた
「出来る仕事人」 photographer三木麻奈さん。
公私を分けない全力で前向きな姿勢に
いつも影響を受けています。


庭に木を植えてくれて
ありがとう。


そして2人目は、


niwa no niwa HPの全構築を
起ち上げからサクサク組み立ててくれた
「noと言わない」システムエンジニア安楽杏子さん。
あなたがいてくれなかったら、どうにもなりませんでした。
結婚おめでとう。眼鏡が素敵です。


庭に土を敷き詰めてくれて
ありがとう。


niwa no niwa 一同


ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter

Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/niwanoniwa/niwanoniwa.com/public_html/blog/wp-content/plugins/tweetable/tweetable.php on line 166

    Warning: Invalid argument supplied for foreach() in /home/niwanoniwa/niwanoniwa.com/public_html/blog/wp-content/plugins/tweetable/tweetable.php on line 175
カレンダー
2017年12月
« 4月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031