Archive for 9月, 2015

「小説 新聞社販売局」幸田泉(講談社)

火曜日, 9月 22nd, 2015

shinbun_cover_RE_OL
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
追記

2015年10月8日発売後即「3刷」決定っ!

 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

「小説 新聞社販売局」幸田泉(講談社)の装丁を担当させていただきました。

全国紙の元社会部記者が新聞業界「最大の暗部」を描いた、衝撃ノベル!
闇をおもいっきり暴いた、業界騒然の話題作です。
1500円で知っておいて損はないとおもいます。

発売後即「2刷」決定っ!おめでとうございます!!

積み重なった新聞から、砂漠を闇とたとえて
写真を合成してみました。

hyou1NWのコピー

<カバー>
shinbun_cover_RE_OL

<帯>
shinbun_obi_RE_OL

<表紙>
shinbun_hyoushi_RE_OL

<使用紙> ★カバー&帯 OKミューズマリン46Y120kg ニス引き
横に波がある紙で新聞が重なっている手触りと
砂漠の手触りを表現してみました。大成功。

DSCF7199
 
★表紙 ピーチケント220kg

★見返し
OKサンド Y90kg ダーク

砂浜のような紙を使って砂漠のイメージが根付くように
仕掛けを作りました。

DSCF7198

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

新聞の原価は購読料の6割!?

新聞は「折り込み広告の包み紙」!?

ビジネスホテルやファミレスで
「ご自由にお持ちください」と
新聞が山積みになっている理由とは!?

あまりにも特殊で歪んだこの商法が、
新聞の存続を危うくしているのではないか!?

新聞を愛する人にこそ読んでいただきたい、
知られざる舞台裏とは――。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
某全国紙の大阪本社。

編集局から販売局に左遷された元社会部記者が、
複数の新聞販売店を束ねる「担当員」となり、
やがて知りたくなかった「闇」に足を踏み入れていく。

崩壊寸前のビジネスモデルに愕然とし、
「残紙」に抗議する大物販売店主の「入金拒否」に苦慮する
主人公・神田亮一39歳……。

「押し紙」を巡る激しい攻防、暗黙の裏ルール、
知る人ぞ知る「大幅値引き」、まさかの「公称部数水増し」!?

さらに、「天ぷらカード」、「抜き取り」、「ゴミ出し」、
「預け」、「ピンピン」、「ピンサン」と次々出てくる隠語の数々。

はたして「闇」はどこまで深いのか?

第一章 担当員
第二章 懸賞
第三章 入金拒否
第四章 大物店主
第五章 改廃
第六章 清算
エピローグ 斜陽
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
単行本(ソフトカバー): 384ページ
出版社: 講談社 (2015/9/9)
ISBN-10: 406219709X
ISBN-13: 978-4062197090
発売日: 2015/9/9
商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 2.1 cm
amazonはこちらから
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
編集者・丸山勝也さん、カバー写真の思案から着地、
希望紙の融通まで、本当にありがとうございました。

DSCF7204


「白仏」辻仁成(集英社)

月曜日, 9月 21st, 2015

hakubutsu_cover_F

辻仁成さん著「白仏」の
集英社での文庫化が決まり、装丁を担当させていただきました。

1999年仏・フェミナ賞外国文学賞日本人初受賞のこの作品は、
硬派な純文学の名作として、内外の評価がとても高い一作です。

福岡県大川市の筑後川の河口、
中州の島である大野島が舞台になっており、
その静かで独特な描写や方言は、細部にまでこだわっていらっしゃいました。
それもそのはず。辻さんの祖父の一生をモデルにした実話がベースになっています。

テレビドラマ化もされた、山田宗樹原作「嫌われ松子の一生」でも
主人公の出身地として描かれていた島でもあるようです。行ってみたい!

休みにゆっくり読みたい一冊。

【こちらが2000年の作品。】
Z
 
【筑後川の写真を背景にしました。】
スクリーンショット 2015-09-21 8.41.01
 
【色校正】
初校はすこし赤っぽく出てきてしまった(左)ので、
赤と黄を引いて水の透明感を高めました。(右)
DSCF7134のコピー
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
文庫: 288ページ
出版社: 集英社 (2015/8/20)
ISBN-10: 4087453472
ISBN-13: 978-4087453478
発売日: 2015/8/20

<内容>
筑後川下流の島に生まれた稔は発明好きで戦前は刀鍛冶、
戦中は鉄砲修理、戦後は海苔の加工機製造などをしてきたが、
戦死した兵隊や亡き初恋の人、友達、家族の魂の癒しのため
島中の墓の骨を集めて白仏を造ろうと思い立つ。
明治大正昭和を生きた祖父を描く芥川賞受賞第一作。

amazonはこちらから

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 


ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2015年9月
« 8月   10月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930