Archive for 8月, 2012

『証言 細野豪志 「原発危機500日」の真実に鳥越俊太郎が迫る』(講談社)

火曜日, 8月 28th, 2012
Share on Facebook


 
 
『証言 細野豪志 「原発危機500日」の真実に鳥越俊太郎が迫る』
細野豪志著(講談社)の装訂・本文デザインをさせていただきました。

カバー・帯とも蛍光緑(DIC2543)の5色刷り。
色々な案の中から
闇から光、緑、意味合いも込めて、
デザインはまっすぐストレートに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
2011年3月11日に発生した東日本大震災の津波によって、
甚大な事故を引き起こした福島第一原発。

日本のかつてない危機に官邸はどう対応したのか。
事故対応は間違っていなかったのか。
官邸がつくった「最悪のシナリオ」と、その真意とは。
そして、今後、福島をどうするのか。

震災発生直後から首相補佐官として官邸で事故対応にあたり、
東電本店で統合対策本部の事務局長を務め、
現在は原発事故担当大臣である細野豪志氏が
長時間にわたる取材に応じた。

事故から1年が経ち、今だから明かせる舞台裏に、
ジャーナリスト・鳥越俊太郎氏が切り込むーー。
  
 

帯付き


 

カバー

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
★細野 豪志
ほその・ごうし 1971年、京都府生まれ。京都大学法学部卒業後、
三和総合研究所(現三菱UFJリサーチ&コンサルティング)を経て、
2000年に静岡県第7区より出馬し、初当選。
現在は環境大臣、原子力発電所事故収束・再発防止担当大臣、
内閣府特命担当大臣(原子力行政)を務める。

★鳥越 俊太郎
とりごえ・しゅんたろう 1940年、福岡県生まれ。
京都大学卒業後、毎日新聞社に入社。
大阪本社社会部、東京本社社会部、テヘラン特派員、
『サンデー毎日』特派員を経て、退職。
1989年より活動の場をテレビに移し、
キャスターやコメンテーターとして活躍する。  
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
単行本: 290ページ
出版社: 講談社 (2012/8/28)
ISBN-10: 4062177617
ISBN-13: 978-4062177610
発売日: 2012/8/28
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
思えば、父の事務所での最後にした仕事は
鳥越俊太郎さんの「がん患者」でした。
 
う〜ん。感慨深いなあ。
 

がん患者


  

講談社 G2編集長 吉田 仁さま
初めてのお仕事、ありがとうございました。

時代を切り取る視線が鋭く素敵でした。
今後ともよろしくお願いいたします!

amazonは、こちらから

Share on Facebook

「許されざる者」辻原登(集英社文庫)上・下巻

木曜日, 8月 23rd, 2012
Share on Facebook


 
「許されざる者」  辻原登(集英社文庫)上・下巻
の装訂をさせていただきました。


 

 
 
福田健太郎さんの
光豊かな木漏れ日の写真を使用させていただきました。
 

@Kentaro Fukuda


 
amazonこちらから。
許されざる者 (上) (集英社文庫 つ 18-1)
許されざる者 (下) (集英社文庫 つ 18-2)
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
明治36年に医師であるドクトル槇がインドから帰国し、少しずつ熊野・森宮の町は変わり始めていく。
日露戦争を背景に、国家の近代化の中で懸命に生きた人々の愛と青春の物語巨編。
和歌山県の風俗性や 戦争論争、不倫の心理描写などとても読みやすく書かれた傑作です。ぜひ。
★第51回毎日芸術賞受賞作品★

辻原登さんは、他にも数多くの賞を受賞されています。
2005年 『枯葉の中の青い炎』(第31回川端康成文学賞)
2006年 『花はさくら木』(第33回大佛次郎賞)
2011年 『闇の奥』(芸術選奨文部科学大臣賞)
2012年 『韃靼の馬』(第15回司馬遼太郎賞)
 
また2012年より近所の神奈川近代文学館の館長・理事長を務めていらっしゃいます。
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
集英社・飛鳥壮太さま、写真家・福田健太郎さま、
そして辻原登さま、ありがとうございました。

Share on Facebook

「SanDisk×Nature Photo Aid」写真誌8誌8種類広告

月曜日, 8月 20th, 2012
Share on Facebook


 

SanDiskさんの粋な計らいにより、すごい企画をやりました。

8月20日発売の写真誌8誌同時に
Nature Photo Aid 2012」の宣伝を込めた広告を
すべてデザインディレクションさせていただきました。

なんと! 
写真誌8誌=写真家8人ということで、
1誌ごとに異なる広告を展開中!

コピーも写真家の先生方と僕で作成させていただきました。
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
(1) カメラマンx岡嶋和幸(裏表紙)

(2) CAPAx菊池哲男(表3)

(3) デジキャパ!x清水哲朗(裏表紙)

(4) アサヒカメラx秦達夫(p82)

(5)デジタルカメラマガジンx深澤武(目次対向)

(6) 日本カメラx福田健太郎(裏表紙)

(7) 風景写真x前川貴行(表3)

(8)フォトコン米美知子(裏表紙)
 

カメラマンx岡嶋和幸(裏表紙)


CAPAx菊池哲男(表3)


デジキャパ!x清水哲朗(裏表紙)


アサヒカメラx秦達夫(p82)


デジタルカメラマガジンx深澤武(目次対向)


日本カメラx福田健太郎(裏表紙)


風景写真x前川貴行(表3)


フォトコンx米美知子(裏表紙)

8誌並べると絶景です。

サンディスク岩崎様、羽田野様。
めったにできない至上の経験をさせていただき、
本当に本当にありがとうございました!!

今後ともよろしくお願いします。

Share on Facebook

「SanDisk×深澤武・福田健太郎」中吊り広告(京王線・東横線仕様)

金曜日, 8月 17th, 2012
Share on Facebook

前回前川貴行さんに続き、
復興支援チャリティー写真展のメンバーでもある
深澤 武さん、福田健太郎さんの中吊りも制作いたしました。


 

両デザインとも、
東急東横線 8/17~19、22~23、29~30
京王線・京王井の頭線  8/24~9/2で吊られます。

深澤武さん使用写真(クレジット入れています)


 

福田健太郎さん使用写真(クレジット入れています)

よろしくお願いいたします。
ご乗車の際には、どこにあるか見つけてみてください!
恥ずかしながら三村漢の名前もちゃっかり載っています。きゃー。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
★写真展参加メンバー
岡嶋和幸菊池哲男清水哲朗秦 達夫
深澤 武福田健太郎前川貴行米 美知子
編集:朝山 まり子(GREENHANDS
アートディレクション:三村漢(niwa no niwa) 
  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

東横線で見つけました。


  

Share on Facebook

「SanDisk×前川貴行」中吊り広告(東京メトロ仕様)

金曜日, 8月 10th, 2012
Share on Facebook

2012/8/28から東京・大手町の日経ビルで始まる
NATURE PHOTO AID 2012 チャリティー写真展「未来への風」を開催するにあたって

SanDisk様から各写真誌広告及び、主要電車中吊りの
広告アートディレクションのお仕事をいただきました。

話がデカいです!

BLOGにて、少しずつ公開予定です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
★第1弾として、参加メンバーである写真家・前川貴行さんの広告を作りました。
B3ワイド(364×1030ミリ)・メインコピーも作成。
現在、東京メトロの千代田線・南北線内に中吊り中。

千代田線・南北線をご利用の方は探してみてください。
次は何線だ?
 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

使用写真(クレジット入れています)


ケニア・マサイマラ国立保護区での、奥行きと温度のある素晴らしい写真です!!
 

撮影・秦達夫先生

前川先生ご本人撮影


 
 
続々公開予定!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
★写真展参加メンバー
岡嶋和幸菊池哲男清水哲朗秦 達夫
深澤 武福田健太郎前川貴行米 美知子
編集:朝山 まり子(GREENHANDS
アートディレクション:三村漢(niwa no niwa) 
 
写真誌開けば名前が出てくるそうそうたるメンバー。
こうやって、日本の未来を担う写真家さん達と一緒に支援ができることは光栄なことです。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  

Share on Facebook

身延山「日向上人 第700遠忌報恩法要ポスター」

金曜日, 8月 3rd, 2012
Share on Facebook


 
 
写真家・鹿野貴司さんとタッグで
身延山ポスターデザインに関わらせていただいて4年目になります。

今回、通常イベントとは別に
日向上人第700遠忌報恩法要
( にこうしょうにん だいしちひゃくおんき ほうおんほうよう)
のポスターを撮影ディレクションからさせていただきました。

「アバンギャルドで老若男女にインパクトがあるもの」をという要望をうけ、
日向上人を顔正面からのアップで
影を効果的に使うことで人を惹きつけると考えつきました。

身延山で、とても評判がいいと聞いて一安心。
百寺巡礼で育ったようなもんだからなぁ。(ぼそり)


  
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
◆配置場所
B全判ポスター=身延山境内・山内支院・門前町(1年間)。
     静岡、名古屋地区のJRの駅、甲府・新宿駅(1週間)。
B2判ポスター(同一絵柄)=全国日蓮宗寺院(約5,000か寺)に発送。

※遠忌とは、年数の経った年回忌のこと。
 趣旨は一般人の一周忌や三回忌と同様だが、
 対象が高僧なので「報恩」法要となる。

日向上人とは、
日蓮聖人の直弟子である六老僧の一人です。
日蓮聖人が亡くなった後、聖人の廟墓と身延山を守るのは、
六老僧が月交替で山に登る「輪番」とされたが、海外布教(日持上人)や
分派(日興上人)などによって六人での輪番制が次第に崩れていきました。
結果、最後まで日蓮聖人への給仕を続けた日向上人が、
身延山の第二祖(第2世)となったのです。(現董日総猊下は第92世です)。
 
こんな新聞広告にも。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
身延山久遠寺
アクセスもよく、季節ごとに表情が異なる素晴らしいお寺です。
「初日の出」や「しだれ桜」が有名ですが、
多くの寺院や日蓮聖人御墓・七面山など見所いっぱい。
いつ行っても心が洗われる素晴らしいお寺です。
リセットに是非! 
 

鹿野選手と五重の塔

Share on Facebook

ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2012年8月
« 7月   10月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031