Archive for the ‘その他’ Category

2D人間

月曜日, 2月 6th, 2017

建築家いわく、僕は空間や立体物を「平面」に置き換えることに興奮を覚える2D人間で、今の仕事は天職らしい。
たしかに料理の盛りつけが自分でびっくりするくらい下手だ。


野口健さんと「CP+2016」でトークショー!

金曜日, 2月 26th, 2016

12743835_1043381769038674_1019402484684355225_n
 
2016年2月25日。
まさか、一生のうちで、
一度でも登壇することはないだろうとおもっていた
カメラのお祭り「CP+」の富士フイルムブースで、
FUJIFILM SQUARE 企画写真展 「野口 健×藤巻 亮太 100万歩写真展」のスピンオフも兼ねて、
野口健さんとまさかのトークショー!をさせていただきました。

その名も

『Xと旅をする』

【前夜祭】小原玲さんとXマニアとマンゴープリンの会。

【前夜祭】小原玲さんとXマニアとマンゴープリンの会。

CP+開幕。
お仕事をご一緒させていただいた先生方もトークで大忙し。

菊池哲男師匠。

菊池哲男師匠。


小原玲さん。

小原玲さん。


前川貴行さん。

前川貴行さん。


小澤太一ちゃん(39kg)

小澤太一ちゃん(39kg)


清水哲朗さんと中藤毅彦さん。

清水哲朗さんと中藤毅彦さん。


控え室。この緊張感のなさw

控え室。この緊張感のなさw


ユンケル決起会。

ユンケル決起会。


リーゼントで決めてみました。

リーゼントで決めてみました。


あら、やばい。会場超満員。急に緊張っ!

あら、やばい。会場超満員。急に緊張っ!


健さんの軽妙なトークが盛り上げます。

健さんの軽妙なトークが盛り上げます。


健さんに「俺も山やってるんですけど。。」って言っちゃう笑

健さんに「俺も山やってるんですけど。。」って言っちゃう笑


お互いの旅の写真を見ながら赤色の話。

お互いの旅の写真を見ながら赤色の話。


台湾の思い出の話。

台湾の思い出の話。


稲垣徳文さんが聞いてくれたー。 ん?スパイが紛れてる?

稲垣徳文さんが聞いてくれたー。 ん?スパイが紛れてる?


ちゃんと宣伝もした。

ちゃんと宣伝もした。


Panasonicブースには、アートディレクションさせてもらった水野克比古・水野秀比古「京都 花鳥風月」(日本写真企画)も明日お披露目。

Panasonicブースには、アートディレクションさせてもらった水野克比古・水野秀比古「京都 花鳥風月」(日本写真企画)も明日お披露目。


二階の入り口で桜ジュースで斎藤巧一郎さん、小澤太一ちゃんと宴会。30秒に一人、知り合いが通る出会いの場に。

二階の入り口で桜ジュースで斎藤巧一郎さん、小澤太一ちゃんと宴会。30秒に一人、知り合いが通る出会いの場に。


こちらより引用。
菊池哲男お師匠と斎藤巧一郎さんが出会う。

菊池哲男お師匠と斎藤巧一郎さんが出会う。


夜は、富士フイルム懇談会へ。萩原史郎さん達と技術論

夜は、富士フイルム懇談会へ。萩原史郎さん達と技術論

帰りたくない餃子会。小原玲さん、パークさん、田中雅美さん、むらいさちさん達と。

帰りたくない餃子会。小原玲さん、パークさん、田中雅美さん、むらいさちさん達と。


そのあとは、オリンパス軍団に呼び出される。  安田 菜津紀さん、田川 梨絵さん、斎藤 巧一郎さん、若子 ジェットさん、清水 哲朗さんと。おやすみなさい。

そのあとは、オリンパス軍団に呼び出される。
安田 菜津紀さん、田川 梨絵さん、斎藤 巧一郎さん、若子 ジェットさん、清水 哲朗さんと。おやすみなさい。

本当にいい経験をさせていただきました。
紹介仕切れなかったみなさまごめんなさい。

富士フイルムのみなさま、関係者のみなさま、トークを聞きに来てくれたみなさま、本当にどうもありがとうございました。

CP+は28日まで。横浜に散歩がてら遊びに行ってくださいませ。
 
ちなみに、僕が出した旅写真はこれでした〜!
 
DSCF2293 (1)のコピー

DSCF0495

DSCF5193

DSCF7336

DSCF9238

DSCF9490

DSCF9792

DSCF9850

でした。小原玲さんがほめてくれたので、うれしい夜。

 


椙山女学園大学特別授業「装う物語 装丁という仕事」

木曜日, 12月 24th, 2015

12348068_1006786176031567_6733606187708371412_n

12月17日、椙山女学園大学に呼んでいただき
特別授業「装う物語 装丁という仕事」の講義をさせていただきました。
記事はこちらから。

151217soutei-thumb-363xauto-10745のコピー
 
とても多くの生徒さんたちにご参加いただき、
驚いたのは、「興味がある」というよりは
「実際、装丁家やグラフィックデザイナーになりたい」生徒さんが多く、
独立する過程や、現場についての質問、裏話など、
こちらもマニアック全力でお応えさせていただきました。
 
講義後に一部の生徒さんたちとお食事にいきました。

仕事をして一番印象的だった言葉を聞かれ、
鷹匠の松原英俊がおっしゃっていた、
「狂気にも似た一途な想いを胸に抱いて生きろ」と答えました。

彼女達の未来もこの一言だとおもいます。

また呼んでいただけるように精進いたします。
ありがとうございました。

12348068_1006786176031567_6733606187708371412_n
こんなにかっこいいフライヤーを生徒さん達が作って迎えてくれました。涙・・


もう「予算がないんですが・・」はやめよう。

木曜日, 6月 6th, 2013

もう「予算がないんですが・・」はやめよう。

言っても言われてもうれしくない。誰も得していない。
「○円で、いかがでしょうか?」が誠実で優しい。

それで相手はその仕事を「うける」「うけない」を決めればいい。

大事なのはお金じゃなくて、「面白いか」なんだよ。


こどものコピーりょく。

日曜日, 3月 24th, 2013

「うれしくてこころを(おちつかせて)あたたかくするばしょ」

時に子供は名言や至高のコピーを放つ。
発見ばかりの日常がそのまま心になり、心が言葉になる。
だから言葉が生きている。


ぼくらはやり直せる。

木曜日, 4月 21st, 2011

欠けてるから満ちる月と、一緒に呼吸する海と、最初は泣いて出てきた僕たちと。


花見

水曜日, 4月 13th, 2011

桜から始めたっていいじゃん。日本人なんだから。
 

三ツ沢公園でチェリービールとデート


 
 


閑を得る

月曜日, 1月 25th, 2010

 
DSC_0431
 
森々
深々
閑を得る


椙山女学園 講演

木曜日, 12月 31st, 2009

 
niwanoniwaは2009年12月7日に
名古屋にある椙山女学園大学
デザインと出版について、講義させていただきました。
 
091207seminar 054
 
  
 
題名は「廻り道ノススメ」
 
◉目先の就職活動や会社に入ることがすべてではない。
◉日常のあらゆることにアンテナをはって、受信する。
◉ネットやメールが飛び交う中で
   面と向かって、人に会い、話すことがいかに大切であるか。
◉今後の社会に必要で不足することは、コミュニケーション能力である。
◉とにかく、旅をして、遊べ。
◉アナログな回り道こそ「仕事」だ!

ということを就職最前線の大学生達に伝えてきました。
 
 

装丁や写真集のディレクションは恋愛に近い

装丁や写真集のディレクションは恋愛に近い


恋愛のように一冊ごとに異なる思い入れがある

恋愛のように一冊ごとに異なる思い入れがある


二人のぶつかりあいも、発酵の一つ

二人のぶつかりあいも、発酵の一つ

  
当日は、大学生だけではなく、
教授の方々にも多数お越しいただき、とても感謝しております。
 
途中で開高健さんの出版人マグナカルタ九章
題材にさせていただきました。
本当にすべてが凝縮された九章だと改めて実感しました。

出版人マグナカルタ九章

出版人マグナカルタ九章


 
niwanoniwaの編集者、突然の田村知子もサプライズ参加

niwanoniwaの編集者、田村知子も突然のサプライズ参加


質疑応答はこっちも勉強になる

質疑応答はこっちも勉強になる

 
時間内に、簡潔にシンプルに相手に伝えることが、
いかに難しいかをヒシヒシと感じました。
 
 
また、スライドの下準備の作業工程において
自分たちがしてきたことや、これからするべきことを見えてきて
今年一年を振り返る上で、とても有意義で貴重な時間となりました。

 
私達を呼んでいただいた椙山女学園大学 堀田あけみ準教授をはじめ
椙山女学園大学のみなさま
ありがとうございました。
  

堀田あけみ先生ありがとうございました

堀田あけみ先生ありがとうございました


  
山下リサ
三村漢


もっと遠く! もっと広く!

金曜日, 11月 13th, 2009

 

秀英明朝エロス

秀英明朝エロス

 
 
 
もっと遠く! もっと広く! の
中吊り広告が凄かった。
 
1983年11月のことである。

当時はこんなエネルギーがぴゅんぴゅん溢れていた。
 
2009年、ほとんどのエディトリアルデザインは
完成図が画面で視認できる。
 
視覚で仕事をしている気がしてくる。
 
デザイナ−も、出版社も、編集者も、著者までもが
すぐ修正できると思ってるし、実際にできてしまう。
 
水族館の魚のように、緊張感が格段に薄い。
 
  
最近までだ。
「見えない」作業に、赤い血が通っていた。
 

真っ黒なカーテンの向こう側を透視するように 
 
脳内でガツガツ写真と文字を組み立てて、
 
紙に線を引く、その上に赤字で指定を書く、
 
ポジはダーマトで、タイトルは暗室で紙焼きに…
  
それでもまだ完成図は確認できない。
 
関わる全員が共通意識を背負って、
「ひとつ」を脳で作り上げる。
  
 印刷所から初校が来て、初めて我が子と対峙する。
 
一発勝負の緊迫とキラメキと喜びのエネルギーが
全員のそこには存在していた。
 
 
 
視覚は、入り口でしかない。
 
脳みそを越えるツールなんてない。
 
便利になった分だけ、使い倒せ。
便利になった分だけ、面倒くさく。
便利になった分だけ、振りまわせ。

そして、俺が生きた記憶を
ここに標そう。
 
 もっと遠く! もっと広く!

 
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

11/6、30歳最後の夜に、
渋谷にniwaメンバーで
ドキュメンタリー「へんりっく 寺山修司の弟」を観に行った。
並んでもらった整理券は「30」と「31」

_1045342

 
その1時間後、31歳になった。
 
 
 
さて、この1年が
人生でどんなに深い深い1年だったか孫に語れるように
悠々として急ぎましょうか、開高さん。


ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2017年3月
« 2月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031