Archive for the ‘紹介’ Category

井津建郎写真展「インド ― 光のもとへ」アートディレクション

日曜日, 7月 3rd, 2016

india_A4_F_OL4

 
清里フォトアートミュージアムで、
井津建郎写真展「インド ― 光のもとへ」はじまりました。
ロゴからチラシなどの全体デザインと
地図などのパネルデザインなど、
アートディレクションを担当させていただきました。

3ヶ月間のロングラン。
写真に興味があるもそうでない人も一度みていただきたいです。

先日のコニカミノルタで騒然となった井津さんの「ブータン 内なる聖地」は本当に素晴らしい写真展でした。
それを超える内容とボリュームだと自信を持って言い切れます。

夏の山梨に行った際にはぜひ! 
 
100kgのカメラで撮ったプラチナプリントはとんでもないです。ただただとんでもない。

中間調からライト側の階調の出方がとても繊細で、
その表現方法をはじめて拝見したときは一日ぼーっとしてしまいました。
パソコン画面では決して表現できない作品は、「写真」としての意味も説いていると感じました。

ほったらかし温泉とか中村農場寄って、
7月31日のトークショーに行こうかな。

 
<チラシ表>
india_A4_F_OL4
 
<チラシ裏>
india_A4_F_OL4
 
<エントランスパネル>
DSCF5519
 
<地図>
india02map4_OL
 
<パネル>
スクリーンショット 2016-07-02 19.32.15
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
展覧会名:井津建郎「インド ― 光のもとへ」Kenro Izu: Eternal Light
会  期:2016年7月2日(土)~10月10日(月・祝)
休 館 日:6/20(月)~7/1(金)、7,8月は無休、9月以降は毎週火曜日
会  場:清里フォトアートミュージアム
開館時間:10:00~18:00(入館は閉館30分前まで)

■アーティストによるギャラリー・トーク:「インドー光のもとへ」 
日時:7月31日(日)13:00~15:00
■出演:井津建郎、山岡淳一郎(ノンフィクション作家)
■山岡淳一郎/ 愛媛県生まれ。「人と時代」を共通テーマに政治、近現代史、医療、建築など分野を超えて旺盛に執筆。
時事番組の司会も務める。著書は『後藤新平 日本の羅針盤となった男』『原発と権力』『国民皆保険が危ない』他多数。

芸術新潮広告 2016年7月号>
SINCHO_AD_F_re
 
毎日新聞広告 5段2分の1>
アートボード 1
 
産經新聞朝刊 全15段>
SANKEI_NP_cs5_OL


哲学の木。

日曜日, 3月 20th, 2016

_DSF2896のコピー

風景写真には中毒性がある。
カメラやレンズ、プリントにお金や時間をかければかけるほど、
その中毒性は増すことを自分でも感じる。

ルールや迷惑、ひどい場合は犯罪まで犯して
「自分だけしか」「人が撮れないもの」「評価されたい」なんて、
「写真」に撮らされているだけで、プロが見ればわかるし、
そんなものに一銭の価値もない。
公開したらしたで「自分は犯罪者」って自白しているようなものだ。

なにより、地球が魅せてくれる無限の絶景に対して、
その感謝と敬いを忘れて、「写真」のためだけに
その領域に踏み入れるような中毒患者には、
シャッターを切る資格なんてない。

哲学の木を思い追い続け、その最後を見守った中西敏貴さんが、
美瑛で最初に連れて行ってくださいました。

くわしくは、中西さんのblogで。


『漢ちゃんと行く、写真集お買い物ツアー』ワークショップ

火曜日, 5月 19th, 2015

新しいチャレンジが富になります。
ワークショップ『漢ちゃんと行く、写真集お買い物ツアー』。

写真家・小澤太一さんと「面白いことしよーぜ〜」で、
思いついたのが・・
一日東京を回って『写真集』を見ることで
新しい発見と経験をしちゃおうな健康的ワークショップ。

2015/5/16。
希望者が多かったため、レソト日和を購入していただいた方限定で開催させていただきました。
(またやりましょう!)
参加者24人。素敵。
 
<チラシも作った>
Print

<下見もした>
11143183_897447643632088_3102079870940519223_n
アットワンダーは二階で飲める。
 
o0567063613289511654
 
さて・・当日であります。
 
写真集食堂・めぐたまでランチミーティング>
DSCF3048
 
飯沢耕太郎さんが作ったお店で写真集5000冊に見て触れて、
さらにはやさしい玄米ランチ食べながら、ミーティング&おしゃべり。
雨上がる。

IMAコンセプトショップで洋書と最新刊を知る>
DSCF3057のコピー
 
迷いがあれば来る大事なお店。
ここに来て、イマを知り、眼と心を刺激っ!
 
神保町古本屋街で2時間練り歩き>
DSCF3065のコピー
 
小宮山書店ボヘミアン・ギルトかげろうkeizo
ARTイワタマグニフ・・・
メイン企画は、2時間じゃ足りないのである。
そして戦利品が両手になる人もチラホラ・・
 
<代官山・蔦屋書店で括る>
DSCF3074のコピー
 
やはりここの写真集の量と店員さんの知識は半端ないです。
個人的にはセルフレジ横の棚がやばい・・

<最後はたこやきBAR恵比寿 Ku;ruriで品評会。>
15051606
 
絶品たこやきコースに舌鼓しながら、
みんなが買った写真集を皆で品評会。
初めて知る写真集や、レア本を安く掘っちゃう人など、大騒ぎ。
僕が作った本をたまたま買った人もいて感動しました。
(写真=ろびすけさん)

<戦利品>
DSCF3088のコピー
 
「Hilhaven Lodge The Photo Booth Pictures」
写真家の自宅にあるPhoto Boothで撮影した
有名人の証明写真4枚綴りを集めたもの。
showbiz界のプライベートな表情とストーリー。遊び。自分のツボ。
あと今年の木村伊兵衛写真賞・石川竜一さんとか。カシアスさんとか。
いまさらながらどちらも最高の一冊。

いやー、、歩いた。歩いた。笑った。歩きすぎた。飲みまくった。

著名・無名・値段、関係なく、
やはり実際に感じて、開いて、心持って行かれる本が
ずっと心と本棚に残る一冊なんだなと再確認。
最高8冊買った強者も・・いらっしゃいました。

DSCF3072

太一もたくさん、買いました。

またこんな聞いたコトない
「ワークショップ」開けて行けたらなと思っております。
 
ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました♡


フォトグラファーズ/ユニクロ デコ・リメイク(台湾版)

木曜日, 4月 18th, 2013

アートディレクターとしてniwa no niwaが掲載されている
かなり濃い写真仕事本「フォトグラファーズ―写真を仕事にするしあわせ」 (雷鳥社
 

日本版


が台湾版になったそうなのでちらっと。(デザインはノータッチ)
うーん。しかしすごいメンツだ。強烈です。
 

台湾版カバー


 

名前は日本語のままなのね。そして2人とも若い・・・

日本版はこちらから(amazon)
  

「この本を見てniwa no niwaに連絡しました」という問い合わせが
いまだにとても多いです。
 
写真家だけではなく、
写真に関わる人たちまでを網羅した素晴らしい本なのでぜひ!
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
もうひとつは、niwa no niwaでアートディレクションした
「ユニクロ デコ・リメイク」(雷鳥社)

日本版

も台湾版が出ました。
(台湾版デザインは台湾のデザイナーさんに踏襲してもらいました。)
 
 

台湾版


ちゃっかり息子と載ってたりする。


 
 日本版はこちらから(amazon)

「オンリーワン好きな人たち」にバカウケした1冊。
布も素材もなんでも手に入る時代。
僕も、この本見ながら、一手間だけかけて
自分だけのオリジナルカスタム服を作ってます!
 
 


Nature Photo Aid 2011「未来への光」 アートディレクション

火曜日, 5月 10th, 2011

写真家8人による東日本大震災復興支援チャリティー写真展
Nature Photo Aid 2011「未来への光」 に
アートディレクションとして参加させていただきました。
 

 
この度の東日本大震災により被災された皆さまに心からお見舞い申し上げます。
また一日も早い復興と皆さまのご健康をお祈りいたします。
 
地震・津波そして台風など自然の猛威の前では人間は非力で無力な存在です。
しかし、癒しや安らぎなど自然はホスピタル的な効果もよく知られています。
そして私たち日本人は昔から自然との関係を大切にし、
共生をめざしてきた民族でもあります。
 
そんな自然に魅力を感じ、愛しみ、敬意を持って接してきた
私たち写真家8人が今回の大震災をきっかけに集い、
「写真の力」を信じて支援方法を模索し始めました。
その第一弾として「NATURE PHOTO AID 2011 未来への光」
と題する写真展を開催いたします。
作品は各自が得意とするジャンルの中からこの目的のため、
新たに自費製作するものです。
 
会場ではこの趣旨にご理解・ご賛同いただける方からの募金を受け付け、
全額を日本赤十字社東日本大震災の義援金とします。
身の丈の活動しか出来ませんが、一過性ではなく、
長い支援活動を目指しております。
是非とも皆さまのご理解をたまわり、
一人でも多くの方に会場へお越しいただきたいと思います。
 
 
★参加メンバー
岡嶋和幸菊池哲男清水哲朗秦 達夫
深澤 武福田健太郎前川貴行米 美知子
編集:朝山 まり子(GREENHANDS
アートディレクション:三村漢(niwa no niwa

★チラシPDFダウンロードはこちらから
 
 
 


安田忠夫引退興行パンフレット&総括

火曜日, 2月 8th, 2011


 

 
2/4興行は大入り大成功に終わりました。
関係者の皆様、おつかれさまでした。
 
今回の興業に1からアートディレクションとして関われたこと、
とてもとても光栄に思います。
最高のメンバーと共に最高の経験をさせていただきました。

手伝ってくれた早稲田生の予想以上のアクティブっぷり(Tシャツ完売させた!)
東俊介さんの営業&部下まとめっぷり
長南武さんの超絶映像と奥様小林潤子さんのマンパワーな券売りっぷり
岸本勉さんのどれ使ってもかっこよくなっちゃうデザイナーいらずの写真っぷり

そしてリーダー、田崎健太さんの人脈、人選、チーム作りと舵取り、
なにより立ち上げっぷりのすべてに
心底、男を感じました。うー、かっこいいっす。

ポスターデザイン


 

 

安田さんの手形をシリコンプリント!限定「現金があればなんでもできる」Tシャツ


 

いやーすごいチームだ。安田忠夫引退興行委員会!!

本当に皆様ありがとうございました。
未熟な部分も多々ありますが
最後までよろしくお願いします。

そう・・・・まだまだ続くんです。

 

優秀早稲田大学生皆のおかげで「現金があればなんでもできる」限定Tシャツも完売!


  

高山善廣選手と大男対決に口あんぐり・・


 

鈴木みのる選手に渾身の蹴りっ!


 

ラストマッチ! 天龍源一郎選手に奇襲攻撃する鬼の安田選手&手前は我らが岸本勉さん


 

続きにご期待ください!


五十嵐一晴と大原大次郎

日曜日, 11月 8th, 2009

 
この2人は、青春を共にした中学高校の同級生だ。

10年後に、また同じ世界で相対し、あの頃と変わらず
「時代はそしてまたひっくり返り、そしてまた悠々と急ぐんだあ!!」
なんてベロンベロンで話していて、吐きそうだったけど、気持ちよかった。
 
 
 
五十嵐一晴はフォトグラファーだ。
 

ハッセルブラッドと遊ぶ無邪気な顔の角の生えたイガちゃん

ハッセルブラッドと遊ぶ無邪気な顔の角の生えたイガちゃん


大学在学中から、
音楽界(日本のレゲエの現場を最初にとり始めたのは彼だ。)を
メインに写真を撮り続け、
そしてフォトグラファーになった。
そんな彼がniwaに
作品を見せに、魅せに来てくれた。

驚いた。
仕事としての作品集ももちろんな完成度だが、
個人の作品は、一枚一枚が強い。
自然の力と対峙し感じて吸収した事実が
写真の中から汲み取れて
僕はそれがパンと頭の中に弾けた。
ヨセミテすごいっす。
HPはこちら
  
 
 ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  
 
大原大次郎は作家/アートディレクターだ。
 

個展会場前にて(すごいエネルギーだよ、おーはら君)

個展会場前にて(すごいエネルギーだよ、おーはら君)

高校時代から、非凡な才能で、
常に同級生をあっと言わせてきた
努力型の天才だとおもう。
 
 雑誌「少年くそマガジン」の発行が思い出深い。
 
類いまれな音楽バカが集った変態学年だったわけだが、
本人はもとより、各ジャンルに特化したメンバーに
レビューや記事を書いてもらい
それを集めて定期的に発行していた。
これがまたとんでもない内容で、僕も多くを学んだんだ。

自分が目指すこと、好きなことに対する姿勢は
彼以上の人間を僕は見たことがない。

HPもすごいかっこいい。

そんな彼はいま個展を開いている。(ごめん、明日まで。。)
詳細はこちら
 
思い入れがなかったとしても、今年一番良かった。
ありがとう。

 
 
 
そんな二人が新しくオープンした
クリエイティブスタジオANSWR(アンサー)ギャラリーのオープニングで作品を展示している。
こちらは池尻で11/15まで。ぜひ。
 
詳細はこちら
 
 

同級生コラボっ!!

同級生コラボっ!!


「サッちゃんの明日」(大人計画)チラシ&パンフ

月曜日, 10月 5th, 2009

大人計画「サッちゃんの明日」のチラシ&パンフの
アートディレクションをやらせていただきました。

_1044880

サッちゃんの小さな人生は、いつも誰かに盗まれそう。
負けるなサッちゃん
明日はきっと、晴れるから。

義理人情あふれる下町が舞台のドタバタ人間劇。
毒毒毒満載の松尾スズキワールドに、niwaは抱腹絶倒でした。

大阪、北九州公演もあるので、ぜひ!!
 
―――――――――――――――――――――――――――――――
 
サッちゃんの明日

【作・演出】  松尾スズキ
【出演】 鈴木蘭々 宮藤官九郎 猫背椿 皆川猿時
星野源 家納ジュンコ 小松和重 松尾スズキ
 
詳しくはこちらをどぞ!

―――――――――――――――――――――――――――――――
  
大人計画長坂社長!松尾さん!北條さん!
鈴木さん! クドカンさん! 猫背さん! 皆川さん!
星野さん! 家納さん! 小松さん! そして関係者のみなみなさま!!
初日に呼んでいただき、ありがとうございました!!
こころから最高でした!!ごっそり持ってかれました。
 
そして
編集/ライティングの西村由美さん! 
とても腕のある美人ライターさんです! またお仕事させてください。

撮影の大橋仁さん!
あいかわらず、さいこーっす。
 
多く方の力を集めて、一つを作り上げるが気持ちいいです。
残る仕事に関わらさせていただき
ありがとうございました!!

_1044394


「河は呼んでいる 開高健とアラスカ」展 ポスターデザイン

水曜日, 9月 16th, 2009

ポスターデザイン

ポスターデザイン


 
「河は呼んでいる 開高健とアラスカ」展の
ポスター&チラシデザインをさせていただきました。

―――――――――――――――――――――――――――――――――――――

●場所=茅ヶ崎市開高健記念館
●会期=21年10月2日から22年3月28日
●開館日=毎週、金・土・日曜日の3日間と祝祭日
●開館時間=4〜10月 午前10時〜午後6時 (入館は午後5時30分まで)
                  11〜3月 午前10時〜午後5時 (入館は午後4時30分まで)
●住所=〒253-0054 神奈川県茅ケ崎市東海岸南6-6-64
●Tel & Fax= (0467) 87-0567
●入館料=無料
 
※年末年始(12月29日〜1月3日)は休館させていただきます。
  また展示替え等のため、臨時に休館することがあります。
 
―――――――――――――――――――――――――――――――――――――
 

今回のタイトルの書体は「もっと遠く!」より引用

今回のタイトルの書体は「もっと遠く!」より引用


目次(第一章)をスキャンして横組にした

目次(第一章)をスキャンして横組にした

 
 
「もっと遠く!」を作られたのが、昭和56年9月。
もちろんこの頃は、写植全盛期である。
初校まで、完成体は想像の世界だ。
脳内で出来上がりを組み立てる。脳内レイアウト万歳。 
 
待つ時間と待たせる時間。
あ、発酵したい。

タイトルの書体は、おそらく石井特太明朝体(EM-OKL)。
写植はいいなあ。見てるだけでホカホカだな。
 
生きてる。


開高健 出版人マグナカルタ 九章 直筆 原本

水曜日, 7月 8th, 2009

開高健 出版人マグナカルタ九章 直筆 原本

出版人 マグナ・カルタ 九章

出版人 マグナ・カルタ 九章

読め。
耳をたてろ。
両眼をあけたままで眠れ。
右足で一歩一歩歩きつつ、左足で跳べ。
トラブルを歡迎しろ。
遊べ。
飲め。
抱け、抱かれろ。
森羅萬象に多情多恨たれ。

右の諸則を毎日三度、
食前か食後に暗誦、
服用なさるべし。


ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2017年4月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930