「須賀敦子を読む」(集英社)の装訂。


suga_cover_RE2

「須賀敦子を読む」(集英社)の装訂。

須賀さん所有の蔵書の本棚を
グリッド上に補正して載せてみました。

須賀敦子の担当編集者、湯川豊さんが、
須賀作品への深い思いを綴った、恋文のような一冊です。名作。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
文庫: 231ページ
出版社: 集英社 (2016/3/18)
ISBN-10: 4087454258
ISBN-13: 978-4087454253
発売日: 2016/3/18
 
内容(「BOOK」データベースより)
イタリアでの暮しを流麗かつ論理的な文章で綴った須賀敦子。彼女が五冊のエッセイ集を刊行したのは、還暦を過ぎてからのわずか八年間だった。物書きに憧れ続けた彼女はヨーロッパの生活で実に多くの人びとに出会った。そして帰国後、三十年近くのときを経て描かれた物語は古びることなく、いまなお読者の心を掴んで離さない。その須賀作品の魅力に迫る。第61回読売文学賞受賞作。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
amazonは、こちらから。


Tags: ,

Leave a Reply

ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2017年7月
« 4月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31