「洲崎球場のポール際」著=森田 創(講談社)


祝!2014年度ミズノスポーツライター賞 金賞受賞!!

susaki_cover_OL
 

「洲崎球場のポール際 プロ野球の「聖地」に輝いた一瞬の光」
著=森田 創(講談社)の装丁をさせていただきました。

これは著者の森田さんの『熱意』の本です。
野球好きでも伝説の「洲崎球場」をご存じの方は少ないのではないでしょうか?
戦前の記事を3000日分(それ以上?)読み返し、球場の模型(表紙や扉に掲載)まで完全に再現してしまう熱意。
野球をあまり見ない人が読んでも、描写に懐かしくなったり、言葉にグッときちゃいます。
なにより、読まれた方の評価が高いこと高いこと。
データと言葉、なにより「思い」に溢れた、
野球史の棚に必ずずっと残るであろう一冊になりました。
 
【カバー】
susaki_cover_OL

【カバー+帯】
susaki_cover_OL

【表紙】
susaki_hyoushi_OL

【扉】
susaki_tobira_OL_cs6
 
【書店さん用POP】
146ミリ×104ミリ_3

146ミリ×104ミリ_2

146ミリ×104ミリ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
単行本(ソフトカバー): 274ページ
出版社: 講談社 (2014/10/31)
ISBN-10: 4062192500
ISBN-13: 978-4062192507
発売日: 2014/10/31
商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.2 cm

東京下町、戦前は遊郭で賑わった洲崎にプロ野球専用の球場ができたのは、昭和11(1936)年のこと。
沢村栄治がノーヒットノーランを演じ、伝統の巨人阪神戦がここではじまった。
しかし、わずか1年後の昭和12年にできた後楽園球場にその場を奪われ球史から消えてゆく。
今年2014年は、巨人が誕生してから80年、来年は阪神がそれに続く。
「悲劇の球場」の詳細を野球少年だった著者が丹念な調査のもと蘇らせる。

amazonはこちらから
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
森田創さま
いろいろな雑誌面で、本の秘話やサイドストーリーを拝見しました。唸りました。
熱意をカタチにする大事さをこれからも念頭に精進したいとおもいます。
本当にありがとうございました。

DSCF7114


Tags: ,

One Response to “「洲崎球場のポール際」著=森田 創(講談社)”

  1. […] ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 最優秀賞「洲崎球場のポール際』森田創著(講談社) […]

Leave a Reply

ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2018年7月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031