「難しい。だから挑戦しよう」堀場 厚(PHP文庫)

Facebook にシェア
[`evernote` not found]


 
 
「難しい。だから挑戦しよう」著=堀場厚(PHP研究所
の装幀をさせていただきました。

ずっとデザインさせていただいている
会報誌JAIMA Season(一般社団法人 日本分析機器工業会)でも
大変勉強させていただいている分析・計測機器の世界的大手、
堀場製作所」取締役会長兼社長・堀場厚さんの
仕事や世界観を語りつくした書き下ろしを
担当させていただきました。


 
よくある社長さんの成功本とは異なります。
堀場さん独自の観点から、経営をわかりやすく経験を踏まえ説いていること。
失敗がいかに大切か、日本人として世界へ、
度胸・人財育成・世界の中の日本など、
僕ら世代にぐっさり刺さる高大な内容でした。

メインカラーの青は堀場製作所ロゴと同色です。

「し」と「い」って縦バランスが難しくて、
「難しい」の3文字はすべて書体が違います。
「し」をちょっと左に。 
「○」は大きくして、
無意識に視点が集まるようにしてみました。

スタバ1杯ちょいの値段で、
世界24カ国4に展開する『世界の堀場』の
独自経営哲学、読んでみませんか?

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
文庫: 224ページ
出版社: PHP研究所 (2014/6/4)
ISBN-10: 456976164X
ISBN-13: 978-4569761640
発売日: 2014/6/4
商品パッケージの寸法: 15 x 10.2 x 1.2 cm
 
<内容>
「挑戦して失敗すればいい。そして再挑戦を歓迎する」――
分析機器メーカーとして自動車・半導体・環境計測・医用等の分野に製品を世界展開、27か国に拠点を持つ堀場製作所。経済産業省から「グローバルニッチトップ企業」に選ばれた同社を率いるのは、カリスマ創業者・堀場雅夫氏を父に持つ堀場厚社長だ。社長在任中の22年間で、売上高3倍超、外国人従業員の方が多い世界企業を築いたその手腕は、いかに形成されたのか。本書は、アメリカでの厳しい武者修行を経て堀場製作所に入社、世界経済が厳しさを増していく中で、つねに前進する姿勢を貫いた著者が、様々な体験を踏まえてその要諦を開陳する。つねに現場に立って考え、生まれ育った京都の文化、さらには趣味のゴルフやヨットからも経営や仕事のヒントを導き出す。
社是「おもしろおかしく」を体現し、世界に飛躍させた著者のユニークな経営観・仕事観を語りつくした好著。書き下ろし。

amazonはこちらから。
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

Tags: ,

Leave a Reply

ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2018年10月
« 8月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031