映画監督 村川透 (和製ハードボイルドを作った男)の装丁


eigakantoku_cover_RE_OL

 
ハマっ子のバイブル「あぶない刑事」の最新作、
高評価大ヒット中「さらば あぶない刑事」の監督、
 
村川透さんをとことん追ったドキュメント本
「映画監督 村川透 (和製ハードボイルドを作った男)」(DU BOOKS
の装丁をさせていただきました。
 
スクリーンショット 2016-02-19 20.10.31
 
著者の山本俊輔さん, 佐藤洋笑さんとは
NTV火曜9時アクションドラマの世界」の装丁でお世話になり
二度目、リピートありがとうございます!
 
 NTV-cover_OL_re
 
 
村川透監督ご本人を初め、ご家族、映画関係者、出演者などに取材を行い、
松田優作とタッグを組んだ名作・『遊戯』シリーズを初め、
テレビドラマでは『探偵物語』、『あぶない刑事』など、
数々のヒット作を世に送り出してきた映画監督・村川透の
“モーレツ”映画人生に迫る初のドキュメント。
 
大都会PART㈼松田優作4のコピーのコピー
 
助監督時代の熱血的な仕事ぶり、師・舛田利雄監督とのこと、
盟友・松田優作との出会いや別れ、
『あぶない刑事』誕生に触れる逸話など、
初めて明かされるエピソードも満載。
  
<カバー>
eigakantoku_cover_f
 
<表紙>
eigakantoku_hyoushi_OL
 
<帯>
eigakantoku_obi_f_OL
 
<本文>
スクリーンショット 2016-02-19 19.31.24
 
スクリーンショット 2016-02-19 20.00.22
 
スクリーンショット 2016-02-19 20.00.35
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 
【本書の内容】
序章:タフでなければ、撮っていけない
第一章:山形の異端児、東京へ
第二章:助監督奮闘記
第三章:監督デビュー、そして挫折
第四章:松田優作と作り上げた伝説
第五章:舘ひろし・柴田恭兵『あぶない刑事』たちとの出会い
第六章:さらば、永遠の戦【と】友【も】よ
終章:老兵は未だ、闘い続ける

【著者プロフィール】
山本俊輔(やまもと・しゅんすけ)
1975(昭和50)年、東京生まれ。
立教大学卒業後、映像の世界へ。監督作『カクトウ便/そして、世界の終わり』(2007)で劇場公開デビュー。
映画監督業の傍ら、『デス・ゲーム・パーク』、『木更津グラフィティ』などの脚本や小説も多数執筆。
主な著書に小説『テイクファイブ 名画と愛と大泥棒』、
『脱獄学園島 ハイスクール・プリズナー』などがある。
2015年、初のノンフィクション『NTV火曜9時 アクションドラマの世界』を上梓。
 
佐藤洋笑(さとう・ひろえ)
1974(昭和49)年生まれ。
音楽雑誌編集者を経て、映画、音楽を主な執筆対象とするライター活動を開始。
「映画秘宝」、「ミュージックマガジン」などに多数寄稿。
並行して映画ZINE「映画時代」の企画編集に携わり、
長年に渡り「NTV火曜9時」枠関係者への取材や、イベントの主催を手がける。
2015年『NTV火曜9時 アクションドラマの世界』を上梓。

単行本: 312ページ
出版社: DU BOOKS
ISBN-10: 4907583702
ISBN-13: 978-4907583705
発売日: 2016/1/23
商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2 cm

amazonは、こちらから。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 


Tags: ,

Leave a Reply

ホームページはこちらから
  • niwa no niwa Web site
Twitter
  • niwanoniwa twitter
カレンダー
2017年8月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031